window_smash’s blog

とあるスマブラ勢の創作ブログ、霊界から蘇った亡霊。基本ナイツロード創作。windowに性別は無い。

Noman【VICE】(ユースティアver)

「私はNoman。王の忠実な秘書。」

『基本情報』

■名前 Nomanノーマン

■二つ名 幻勘/幻犬/幻の6本指

■出身 ■■(■■■)

■所属 VICE:彁の派閥 秘書

■総評 S+(幻勘抜きで)

『生体情報』

■種族 機族獣種?(サイボーグ犬獣人)

■性別 オス

■年齢 ?

■生年月日6月9日

■身長 200.0cm

■体重 秘密

■利き手 どっちも使える

 

保有能力』

■能力名

【【幻勘】煩悩の犬ぼんのうのいぬロスト・ドッグ】

☆種別 イグジスト

☆射程 蝶の飛ぶ範囲

☆総評 EX-

幻の第六感を与える異能。この能力にかかるとありもしない直感や予感にかられ続け、それに伴ってよからぬ考えが浮かび、結果疑心暗鬼となってしまう。常日頃から第六感に優れた人ほど窮地に陥る。

 

【Animal Instinct】

☆種別 オリジン

☆射程 100m弱

☆総評 S

優れた動物の第六感。いわゆる野生の勘。上記の【幻勘】で他者には幻の直感を与えるため、Nomanのみが第六感を扱える状態となる。

 

【■■■■■■の身体】

☆種別 オリジン

☆射程 自分の身体

☆総評 S+

彼の身体はとある改造による強化を受けており、例えるならサイボーグ。とにかく固い。数多くの兵器も搭載されている。

 

【伝授:呀流拳法・駪ノ型】

☆種別 オリジン

☆射程 自分の拳の範囲

☆総評 A

呀の派閥には「呀流拳法」と呼ばれる戦闘の教えが存在する。これは、あらゆる獣人の戦闘力を一定まで引き上げることを目的としたもので、呀の派閥の構成員にはこの教えに則った戦い方が推奨されている。

これを身につけることで、特別な能力を持たない獣人でも、戦士として戦う力を得ることができる。Nomanは縁あってヒュロに伝授してもらった。

 

武装詳細

【■■■■■■】

☆種別

☆長さ

☆重量

☆材質 未知の金属/エネルギー

☆練度

サイボーグの身体、そしてそれらに搭載されている銃器等の兵器や光学迷彩。自在に変形させることも可能。

 

【不思議な衣】

☆種別

☆長さ

☆重量

☆材質 未知の衣類

☆練度

彼が身につけている衣。どういう原理か解析しても不明だが、たくさん物を持ち運べるその上伸びる。気配を消すこともできる。Nobodyと似たようなデザインである。でもたまにデザインが変わる。

 

【幻勘】

☆種別

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度

第六感に関する幻覚の異能を備えた白い蝶。Nobodyの力を具現化した存在であり、彼の力そのものと言える。これを保有したものは幻勘の異能を使用できる。

 

■戦闘スタイル

幻の第六感で相手を惑わし、カウンターカウンター戦法をとる。時には能力だけで相手を戦闘不能にすることも。さらにサイボーグの身体に仕込まれた光学迷彩で透明化したり、搭載されたいくつもの兵器が牙を剥く。

 

■形態

【あ】

☆総評

 

『性格』

■人柄

『忠犬秘書番犬』

彁の派閥の王に仕える秘書にして、最強のサイボーグ犬獣人。クールで寡黙なように見えるが、実際は素直ないい子であり機械音声を通してよく話しかけてくる。見た目で怖がられてしまうことも多いが。

常に王であるNobodyのそばに控えており、彼の仕事を手伝っている優秀な右腕とも言える存在。しかし光学迷彩によって透明化しているため、派閥内で彼の存在はあまり認知されておらず噂には聞く程度の認識。中には幹部でさえ彼の存在を知らない時もあった。

王の命令に非常に忠実であるが時には意見し、王の暴走を止めることもある。

 

彼はNobodyに関する重大な秘密を知っているようであり、どうにかして主の正気を取り戻そうとしているが…。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 勘の鋭さ、警護、かくれんぼ、鬼ごっこ

 

□趣味 主と遊ぶ、ガーデニング、ブラッシング、音楽鑑賞

 

□好 主、蝶、花、肉、レタス、甘い物、ブラッシング

 

□嫌 主に害なす者、VICE、フィリップ、怪の派閥、チョコ、ガム、苦い物、辛い物、酸っぱい物

 

■話し方

□自分 『私』『僕(素)』

 相手 『貴方』『君』『〇〇様(幹部など)』

 複数 『貴方たち』『君たち』

「…そう」「…それは困った」「僕は主のことが好き」「御意」

彼の声は機械を通して語られる。基本丁寧な言葉遣い。いい子。

 

■交友関係

●VICE

シルバリオス(作者うまそう)
☆関係性:許さない、歯がゆい

今の主が絶対の忠誠を誓う相手にしてVICEの神。そして主を狂わせた者。

許せない、よくも優しかった主を…でもあんな絶対的な存在相手に僕は何も出来ない。僕は主を守れなかった。

 

【彁の派閥】

Nobody(作者window)
☆関係性:大好きな主、だからこそ…。

僕は主に忠実な犬。主のためなら僕は何でもする。大好きな主。主は誰よりも優しい存在、そしてそのために何もかも抱え込んでしまう。その結果…いやなんでもない。でもこれだけは言える…今の主はおかしい。

僕は今の主がおかしいのに気づいている…何とかしないと。

親愛なる主の詳細

 

生命の黄蝶/■■■■(作者window)
☆関係性:旧友

君たちには感謝している。いつも主を守ってくれるから。でも流石にシルバリオスのことは防げなかったみたいだね…。

 

フォビア(作者松吉)
☆関係性: 幹部さん、好き

主がみつけたダークエルフの少女。ひとりぼっちだった。でも今フォビア様はひとりぼっちじゃない。僕たちがいる。

 

ノイズ(作者泡沫)

☆関係性:幹部さん、

 

フィリップ・ウリエライム(作者Frog/ジヴァール)
☆関係性:幹部さん、嫌い

主が勧誘したニワトリ。仕事が出来ればどんな人物でも良いと主は言っていた。主は優しい人、どんなに恐ろしい人にも寄り添う。主は抱え込む人、その手を汚すことになっても目的を成し遂げる。主の黒い1面がフィリップ様とも言える。

でも仕事が出来るからって主を困らせていいとは言ってないぞ!主が妖怪に喰われたり、中華マフィアに脅されたり酷い目に合うようになった元凶の鶏、だから嫌い。向こうもなんだか黒いアフガンハウンドには因縁があるみたいだし。

幻嗅フィリップ様の詳細

 

エバ(作者影さん)
☆関係性:幹部さん、可愛いとは思うけど怖い

主が飛び降りしようとする人間の少女をとめた。...自死はいけないこと、主は昔からよく言っていた。生きる意味を与えられたエバ様は幹部として色々凄い事をしている…わぁ……(直視出来ない)。

幻味エバ様の詳細

 

【贋の派閥】

ヴァルパーナ・R・ヴォランテス(作者ゼロ)
☆関係性:警戒

主が仲良くしている贋の派閥の王様。…でも心配、あの王様人の不幸を眺めるのが趣味らしい…主がそのターゲットにならないといいけど。主はただでさえ不幸なのにこれ以上不幸になられては困る。僕はますます番犬失格になってしまう。

主が彼女とお出かけする時は僕も付き添い警護する。もちろん主達を襲う悪漢は僕が殺す。

贋の王の詳細

 

ドロテア・ディ・ファンジグリア(作者window)
☆関係性:取引相手、苦手

…いやあのそんな目で見ないで。主達が出かけるのを僕が警護してると彼女がハンカチを噛んで見てくる。嫉妬の炎だ。

ハンカチを噛んで見てくる貴族の詳細

 

【葬の派閥】

モーン・グレゴリオ(作者ターケン)
☆関係性:好感

主は音楽が大好き!だから僕も大好き!

葬の王の詳細

 

【呀の派閥】

レオガルフ・バシレウス(作者松吉)
☆関係性:好感

主は彼といると安心した表情を見せる。昔の主に戻ったみたいに。

 

ヒュロ・ヒヒン(作者window)
☆関係性:師範

主はフィリップの件で彼女に謝罪をしていた。…主は悪くないのにまたフィリップのせいだ。

それ以降よく僕は彼女と会うようになり、獣だから呀の派閥の拳法を習っている。主を守る為に強くなろう。

師範ヒュロ様の詳細

 

【怪の派閥】

大神様(作者磁石)
☆関係性: 嫌い

協力関係にはなってるけど…主が酷い目に…。全部フィリップのせいだ。

怪の王の詳細

 

大天狗/緋歐山乾嘩坊(作者window)
☆関係性:嫌い

この天狗…主を食うなんて…。僕は主を守れないダメな番犬。

主を食う酷い天狗の詳細

 

キコ(作者ジヴァール)
☆関係性:嫌い

この狐…主を食うなんて…。僕は主を守れないダメな番犬。

主を食う酷い狐の詳細

 

【災の派閥】

レイ・ユン&フン・ユン(作者磁石)
☆関係性:嫌い

災の派閥の幹部であり、中華マフィア。フィリップの組織グリンカムビと思いっきりバトってるね。彼らは獣が嫌いなんだって、だからってあんな拷問酷すぎる。

 

【争の派閥】

争の派閥の皆様
☆関係性: 懐かしい

わぁなんだか野蛮な人達。どこか懐かしいね。

 

【星の派閥】

星神の巫女(作者Kaito)
☆関係性:警戒

よく取引する派閥。だけど明らかに何か企んでる。主に危害を加えるなら殺す。

星神の巫女と星の派閥の詳細

 

ミボシ・M・キロン(作者window)
☆関係性:警戒、苦手

うわあ…主可哀想にあんなオネエに言い寄られて。

ミボシ「あら!かわいいわんちゃん!」

うわあ!!こっちきた!

強烈なオネエさんの詳細

 

 

●KR

【KR本部】

ワールド・ウォーカー(作者PuroRa)
☆関係性:主から逃げて

はやけに彼のことを気に入り、派閥に取り込もうとしている。…ごめんね。

ウォーカーさんの詳細

 

【バルツン支部

アイディーン・アレイヴ(作者Y.o.U.)
☆関係性:泥棒、主から逃げて

主の蝶を1匹盗んだ人。主のためにも取り返したいが…でも、主は本気で彼女を殺そうとしている…。バルツン支部を襲撃するとまで言い切っている。以前の優しい主だったらそんなことはしない。冷静ではなくなっている…主を止めないと。

アイディーンさんの詳細

 

●その他

【秘密結社メラニオン】

ディープ・デスクロウ(作者ジヴァール)
☆関係性:関心

フィリップと複雑な関係にある犬らしい。わぁ僕と同じアフガンハウンドだ!毛並み黒でお揃いだね…ってそんなこと言ってる場合ではない。主は正体を探る者に容赦しない。きっとメラニオンのことも殲滅しようと考えている。フィリップの組織とも対立してるし。

でも…主をどうにかするために何とか協力出来ないかな?

同じアフガンハウンドさんの詳細

 

【月夜の怪盗団】

怪盗♛︎ムーン(作者window)
☆関係性:主から逃げて

危ない…いつか主にやられてしまうだろう。

 

【無所属】

ニシキダ(作者window)
☆関係性:主から逃げて

最近主は彼女に妹がいることを突き止めた…。

情報屋さんの詳細

 

【??】

???
☆関係性:???

こちら、■■■。ユースティアに転移。…応答なし。仕方ない、僕1人で活動するしかない。

 

【】

ある男
☆関係性:???

どうして…どうして君がここに!!君はあの時…!!

 

『経歴』

■異暦70年

ユースティアに転移。予定通り。

でもどうやらこの世界から他の世界への転移は不可能な模様。通信も不可能。

 

みつけた。主、私は貴方の忠実な部下。

そう言って彼は彁の王Nobodyの元に突然現れる。過労で死んでいた王は不審に思いながらもNomanを雇うことにした。仕事ができるならなんでもいいやと。

 

■異暦71年

主はとある少女を見つける。彼女に蝶を与えて初めての幹部にする。

 

■異暦81年

主はとある少女を見つけて慌てて駆け寄る。飛び降りようとした彼女に蝶を与えて幹部にした。

 

■異暦82年

主は過激派獣人至上主義のトップを勧誘してきた。なんて過激な組織だろうグリンカムビ…人と獣は仲良くなれるのに。やっぱり今の主はおかしい…。そして彼が来てから主は酷い目に合う。

 

■異暦年

幹部が5人揃った。

主は「働き者な君にまだ何も与えていない。」と言ってきた。僕は貴方がいれば十分。しかし主は白い蝶を僕にくれた。【幻勘】それは幻の第六感を与えるらしい。僕は犬だから直感に優れている。この白い蝶を手にしたことで第六感が使えるのは僕だけになるだろう。ありがとう主。

 

■異暦102年

現在。

 

 

 

 

 

余談

【秘書は知っている】

主が…彁の王になる前のことを。

KR EP:PARALLEL incident:102-i KaSOの火葬場へようこそ!

 

これは異暦102年にあったかもしれないし、なかったかもしれない物語。

 

 

「どうしよう!あの有名なアニソン歌手KaSOのライブチケット貰っちゃった!3枚も!」

 

サナは何故かこの世界で漫画家になった。皆様ご存知の通り、KRの傭兵業とかけ持ちしながら2週間に1度の連載をしている。ちなみにまだ休載は1度もない。

今年で『魔法少女☆マジかるリュヌ☽』は連載5年目に突入し、何とアニメ化が決まったのだ。まさに『異世界転移したら魔法少女漫画家デビューした上にアニメ化決定した件について』というタイトルが付きそうな状態だ。

そしてこのライブチケットをくれた歌手は、サナの作品の主題歌を歌うことになった人気アニソン歌手KaSOだという。サナは原作者特権で彼女のライブのチケットを手に入れたのだ。

 

「…Huh?何故そんな話をオレに?おめでたい話なら可愛い可愛いイクスやお前の姉、そしてあの黒猫に語ればいいじゃないか!」

「貴方…知らないの?KaSOのこと。」

「あいにくだがオレは自分が死ぬ事と、イクスにお菓子をあげる事以外に関心は無い。」

テリナ支部の同僚で、同じ世紀末地球から来たジョージ。彼は興味無さそうにあっけらかんと言い放つ。

しかし間髪入れずにサナは発言を続ける…オタク特有の早口で。

「彼女の所属事務所はVICE…それも大量虐殺することで有名な葬の派閥の幹部よ!」

そうKaSOはVICEであることを堂々と公言して歌手活動を行っている…そしてVICEであるということは…

「Really?思いっきりオレたちKRの敵じゃねーか!そんなチケット破り捨てちまえ!」

当たり前だ。KR団員としてVICEの活動を許す訳にはいかない。

「彼女のライブに参加すれば本当に天に昇れるとの評判。」

「…!!」

「彼女は自身のファンに対して歌って踊って燃やし尽くすのよ!それが彼女なりのファンサービスだって…『火葬』の異名は伊達じゃないわね…。」

「つまり…彼女のライブに参加すれば…」

「素敵な音楽に囲まれて…熱々の炎に包まれて…」

「死ねる!!!!」

死にたがり屋のジョージの異名は伊達じゃない。こうしてKaSOのライブの参加者にジョージが加わった。

 

 

「あと1枚あまってるのよねぇ…ライブのチケット。」

サナは考えた、危険な火遊びに参加してくれそうな知り合い。義姉の楓は…絶対止めてくるので却下。ジジも…絶対止めてくるから却下。シェルトは…VICEのライブとイカれた彼女…うん台無しになる論外。チノも論外。イクスは…うーん巻き込みたくないなあ。

世の中そうそう死にたがり屋なんて存在しない。まぁいつも通り、喫茶店でこき使われてる可哀想なあいつを連れていこう。

でも火葬とか彼の宗教的に怪しいし、そもそもこのライブに行くこと自体自サツ行為でNGな気がするが…まあなんか適当に説得してみるか。私〈言いくるめ〉や〈説得〉に技能振ってるタイプの探索者だから。

茶店でこき使われてるあいつ「えっ!聖歌を聞きながら死ねるだって?!サイコーじゃねーか!」

 

〈言いくるめ〉と〈説得〉には成功した。しかし、アニソンが聖歌…なんだかとんでもない誤解をさせてしまったが、まぁファンにとって好きな歌手の歌は聖歌だからいいか。

 同じ世紀末地球から来たトーマスも乗り気なようで、死にたがりなライブ参加者はこれで3人揃ってしまった。…誰か彼女達を止めてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

ライブ当日

なんだか蒸し暑いお天気。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何だこの長蛇の列!」

 トーマスは驚嘆した。

「あーあれはライブの物販の列ね。」

ライブ会場の入口横はKaSOのライブグッズを求めるファンで溢れかえっていた。

「グッズ販売の最後尾はこちらです!」

「入場はまもなく開始いたします!」

「本日こちらの水を無料配布しています!」

葬の派閥員らしきスタッフ達が行列を誘導し、ペットボトルの水を無料配布をしていた。

 

「水…無料配布…使えるわね。」

「What?グッズ?これから燃え尽きるって言うのに呑気な奴らだな。」

「お主たちはKaSO様のライブをわかってないでござるね!もしや新規の荼毘メンでござるか?」

突然謎の竜人がサナ達に話しかけてきた。

「Da…ダビメン?」

「誰だてめぇ!」

「(うわっ誰かわからないけど厄介なファンに違いない…。)」

見た目がコテコテのオタクな為、彼のことはオタクのドラゴン…通称オタドラとサナは心の中で呼ぶことにした。

「荼毘メンとは我々のようなKaSO様のファンのことでござる!」

「そしてライブでKaSO様にエールを送ったり、注目されるためにもグッズも大事でござるよ!」

「別にそんな悪目立ちしたくねーよ!」

「That’s right!大人しく燃え尽きるに限る。」      

しかしそんな否定的な両者に対し、オタドラはグッズのプレゼンを開始。

「例えばこの光り輝くペンライト!これを使えばKaSO様の目に止まってより燃やし尽くして貰えるでござる!」

「…何!!それなら買う…!これで死にやすくなる!」

「あぁなるほどなあ…!てめぇトカゲの癖に賢いな…じゃあ買うか!」

2人はまんまとオタドラの宣伝文句に乗せられ、長蛇の列の一員となった。

 

「で…貴方は並ばないの?だいたいこういうのって今回のライブ限りのグッズでしょ?」

「事前販売で既に入手済みでござる。なんと言っても吾輩は古参の荼毘メン!ファンクラブの番号も1桁!毎回ライブは現地参戦!KaSO様のことならなんでも知ってるでござる。」

サナは思った…こんな確実に死ねるライブに古参という概念があるんだ…と。

「ところでお主はグッズ買わないのでござるか?」

「私はこのKaSOちゃん概念コーデ1本でいく!(キリッ)」

「そうでござるか!吾輩も早くKaSO様に燃やし尽くして貰いたいでござる!では新規の荼毘メンの方!ライブ終わりのあの世で会おうでござる!」

オタドラはそう言って去っていった。

「…待てよ。そうかあいつ…ドラゴンだから炎で死ねないのか!可哀想に…。」

こうしてサナはオタドラを見送り、1度水の補給エリアに向かった後、オタク装備に身を包んだ2人と合流し、会場入りして席につくのであった。

 

 

「いよいよだな!」

「Yes!」

待ち望んだ死を目の前にした2人はとても輝いた目をしている。

ジョージは死んだ妻と子のところに行きたいから死にたい。トーマスは死んだ親友のいる天に行きたいから死にたい。そしてサナは罪深い自身を罰するために地獄に行きたいから死にたい。死にたい思いは同じだが、その先に対する思いは三者三葉…いや三者三様である。

それはここにいるファン達もそうである。

「生のKaSO様の歌声を聞けるなんて!」

「ほんと抽選当たって良かったあ!KaSO様たくさんライブしてくれるけど早く死にたいから!」

「KaSO様の歌を聴きながら死ねる!」

KaSOのライブに集まるファンこと荼毘メンは、この世に絶望し死を志願するものばかり。KaSOはそんな荼毘メンをこの世から解放するために葬の派閥の幹部となったのだ。

他のVICEや悪党に無惨に殺されるくらいなら、彼女の歌声に包まれ焼け死ぬ方が幸せだからだ。

「うぉぉKaSO様!今日も生き延びて次のライブにも参戦するぞ!」

一方でKaSOのファンでありながらも、死にたくはない…でもライブは行きたい!という健全なバカファンもいる。

 

「さて私も飲もっと…。」

サナは懐からペットボトルを取り出した。

「何飲んでんだ?さっき貰った水か?」

「いいえ。ベルベット達魔法使いに頼んで作ってもらった魔法の耐火ポーション。」

「Why?なんで死にたがりなお前がそんなものを…。」

「この世に未練でもできたか?」

死にたいはずのサナの奇行に2人は疑問符を浮かべる。

「この魔法の耐火ポーション。耐久時間をライブが終わるか終わらないかの時間ギリギリに設定してもらったの。ライブの途中で死ぬのは嫌…せっかく死ぬならオタクとして全曲聞き終わってから死にたい!」

「なるほど。」

「おめぇギャンブラー嫌いなくせに、やってることはギャンブラーじゃねえか!」

めんどくさいオタクの流儀があるようだ。

 

 

 

いよいよKaSOが登場した。

「みんな!今日はKaSOの火葬場へようこそ!燃えてる?」

 

 

「「燃えてる!」」

 

 

「みんな!アゲアゲ??」

 

 

「「アゲアゲ!!」」

 

 

R.I.P.(アゲアゲで燃え尽きろ!)」

 

 

「「バーン!!」」

 

 

「…専用コールあるならあのオタドラに聞いておけばよかった。オタク失格だ。」

ほとんどがライブ初参戦の荼毘メンであるのに、彼らは息ぴったりの掛け合いコールをしていた。

KaSOが歌い始めると、会場は火に包まれた。

「なるほど…これがKaSOの火葬場…」

荼毘メン…そうか私たちはこれから荼毘に付すのだ。その実感が湧いてきた。

 

 

 

 

 

 

「おのれぇ!VICE許さんぞォ!!!」

なんだか英雄機関の乱入者もいたようだが撃退され、ライブは順調に進んだ。

 

 

 

 

 

 

 

ライブ終了

「What's?!火がこっちに来なかったぞ!」

「丸焦げになったけど、どうせオレの体再生するんだよなあ…チクショウ!」

「思ったより耐火ポーションの効果あったわ…!魔法使い達にクレームね」

3人は死ねなかった。めでたしめでたし。

 

ちなみに観客も死ねなかった。サナはこれでもKR団員だから観客の飲み物に耐火ポーションを混入させ、VICEの目論見を破ったのだ。あの量のペットボトルに、どうやってポーションを混入させたのかはサナのみぞ知る。

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「F●ck!めでたいわけないだろ!」

「3人だけで死のうと思ったの。一般人が死ぬのは見過ごせなかった…ごめん荼毘メンの人達。」

「KaSO様~!!!また死ねませんでした!!」

 

 

「私のライブで死者ゼロ…?!そんな!!」

それはKaSOのライブ史上初めての出来事だったそうだ。

 

 

もちろん帰宅した3人はKaSOのライブに参戦した話をしたら、こっぴどく叱られたのであった。

 

EnD

 

 

 

 

 

 

登場人物紹介

 

 

オマケ(後日追記)

ミボシ・M・キロン【VICE】(ユースティアver)

『基本情報』

■名前 ミボシ・M・キロン

■二つ名 第九星将"射手座" ナインスゾディアック・サジタリウス /星弓/紫銀星

■出身 異世界

■所属 VICE:星の派閥 十二星将ゾディアック

■総評 A+

『生体情報』

■種族 今は人間よ♡

■性別 女よ♡(身体は男)

■年齢 レディに年齢聞くなんて♡

■生年月日12月21日プレゼント待ってるわ♡

■身長 195.3cmよ♡

■体重 レディに体重聞くなんて♡

■利き手 右利きよ♡

 

保有能力』

■能力名

【星癒】

☆種別 エフェクト

☆射程 自分

☆総評 A+

星が出ている時、回復と守り強化のバフがかかるオーラを身に纏う。星空の下で彼…彼女を傷つけることは実質不可能。

太陽は星に含まれるのか?という質問が来ると思うのでお答えします。太陽も星ですが星の光の力が強すぎて逆にデバフになってしまうからNGらしい。紫外線はお肌の天敵よ♡だからこのオーラを発動させません。月はギリセーフ。

 

武装詳細

ケイローンの弓】

☆種別 弓

☆長さ

☆重量

☆材質 秘密

☆練度 S+

立派な装飾のついた弓。

 

【サジタリウスの星矢】

☆種別 矢

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度 S+

特殊な星の力を持った矢。矢尻は光輝いている。そのうち17本の矢には固有の名前がついている。

・ルクバトの矢

・アルカブ・プリオルの矢

・アルカブ・ポステリオルの矢

アルナスルの矢

・カウス・メディアの矢

・カウス・アウストラリスの矢

・アセッラの矢

・カウス・ボレアリスの矢

・ポリスの矢

・アインアルラーミーの矢

・アルバルダの矢

・ヌンキの矢

・テレベッルムの矢

・ピンコヤの矢

・グモラの矢

・ベレルの矢

・シーカの矢

名前付きにはそれぞれ効果があるらしい…えっ知りたい?まだナイショ♡

 

■戦闘スタイル

基本はしない。人を動かすことを得意とする。参加するとしたら弓矢で遠距離から攻撃。変身形態は奥の手として取っておく。

 

■形態

【星神の力- 第九星将"射手座"ナインスゾディアック・サジタリウス

☆総評 S

星の巫女を通して星の神の力を与えられたことにより、射手座を司る姿に変身する。半人半馬の姿となり、空を駆けることが可能になる。うふふ今この形態の絵を描いてるからまだ待っててね♡

 

 

『性格』

■人柄

『狡猾な有能オネエよ♡』

表の顔はフリーのメイクアップアーティストとして活動し、新興宗教団体『星神教』を信仰する普通の人。時々友人にしつこくない程度に『星神教』について語り、勧誘をしている。

 

しかしその実態は、射手座を司る星の派閥幹部、十二星将ゾディアックの1人。

第九星将"射手座"『ナインスゾディアック・サジタリウス』の称号を持つ。高身長で美しい顔立ちの男…であるが性自認は女性の模様。つまり…オネエだ。

幹部の中で最も計算高く狡猾で、星の神復活のために様々な策略を立てており、人を動かし利用することを得意とする。時には幹部を取りまとめることもある。

そんな彼…彼女と実際に話してみると気の良いオネエとしか思えない。そんな感じで友人(という名の利用出来る存在)を増やしていく。巧みな話術によって騙されてしまう人は多く、VICEであることも上手く隠しているため、とても厄介なオネエだ。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 話術、弓術、化粧、占星術、医学

 

□趣味 星空観察、化粧道具集め、音楽鑑賞、竪琴、薬草栽培、ネイル、ダンス

 

□好 星、美しいもの、イケメン、化粧、馬、音楽、絵、ダンス、酒

 

□嫌 醜いもの、毒、蛇、荒事、野蛮人、酒の匂い(酒自体は好き)

 

■話し方

□自分 『私』『あたし』

 相手 『あなた』『あんた』『~ちゃん』

 複数 『あなたたち』『あんたら』『あんたたち』

「あらヤダ~♡」「あなたイケメンじゃなあい!」「うふふ」「嘘よ♡」

テンプレオネエ…女性口調です。そして人生経験豊富な為とても話が面白い。時々毒舌にもなる。

 

 

■交友関係

世の中のイケメン
☆関係性: 大好き

大好きよ♡♡間違いなくイケメンキャラはミボシに目をつけられるわ♡

 

 

●VICE

【星の派閥】

星神の巫女(作者kaito)
☆関係性:上司

星の神復活のために頑張ってる子よ♡

頼りにしてるわ♡

巫女と星の派閥の詳細♡

 

【幹部・十二星将】

牡羊座(作者)

☆関係性:

 

牡牛座(作者)

☆関係性:

 

双子座(作者松吉)

☆関係性:

 

蟹座(作者)

☆関係性:

 

獅子座(作者)

☆関係性:

 

乙女座(作者)

☆関係性:

 

ズベン・L・ハクラ(作者kaito)
☆関係性:幹部仲間、同僚、つまらない男

天秤座の子よ。バランス重視で話がつまらないわ。

 

蠍座(作者)

☆関係性:嫌い

 

山羊座(作者)

☆関係性:

 

水瓶座(作者)

☆関係性:

 

魚座(作者)

☆関係性:

 

 

【彁の派閥】

Nobody(作者window)
☆関係性:協力、好意

うちの派閥の紋章とか星神教のエンブレムをデザインしてくれたの♡

隠蔽工作にも協力してもらってるわ♡♡だからそろそろ顔くらい見せて欲しいわ♡♡♡ミステリアスな男って惹かれるわあ♡♡

ミステリアスな男の詳細♡

 

【葬の派閥】

葬の派閥全体
☆関係性:好意

あなたたちの音楽みんな好きよ♡♡

 

ジュビレイ・ラブロデス(作者ジヴァール)
☆関係性:友人

愛に性別の境界はない…!美しいものは美しい…!いい考え方してるわね♡

ジュビレイちゃんの詳細♡

 

 

【魔の派閥】

キッド/ピエロの怪物(作者window)
☆関係性:かわいい、化粧争奪戦

あらヤダかわいい!彼は遊園地を経営してるらしいわ!うちの星神教もプラネタリウムやってるからどう?遊園地に置かない?

キッド「怪しげな宗教お断りだヨ!」

可愛いピエロちゃんの詳細♡

 

 

●KR

【KR本部】

ジジ(ジーナ)(作者window)
☆関係性:いい男

あらいい男♡(イケメンジジに対して)

イケメンジジちゃんの詳細♡

 

  • エトワール・ウィシュターズ(作者window)

☆関係性:敵

あらあらそう怒らないで!あなたの国を滅ぼしかけたのは悪かったって思ってるわよ。でも星の神様復活のためなら仕方ないじゃない。

 

ルナ・アシュライズ(作者window)
☆関係性:かわいい、化粧争奪戦

あら!メイク薄めでこの顔!やだ妬いちゃう羨ましいわ♡♡

 

ウォルター・アラトティス(作者ジヴァール)
☆関係性:友人、化粧争奪戦

あらヤダ可愛いー!お化粧に興味があるのね!色々教えてあげるわ♡

かわいいウォルターちゃんの詳細♡

 

ライリー・テルテス(作者松吉)
☆関係性:かわいい、化粧争奪戦

あらヤダかわいい!遊びがいのありそうな子♡

かわいいライリーちゃんの詳細♡

 

ユノ・フィコラス(作者ジヴァール)
☆関係性:友人、化粧争奪戦

あらヤダいいセンスしてるじゃないその服!キラキラしてていいわ♡♡

キラキラしたユノちゃんの詳細♡

 

セレシア(作者window)
☆関係性:かわいい、化粧争奪戦

あらっ!かわいい♡♡こういう生意気な子も遊びがいがあっていいのよねぇ。

かわいいセレシアちゃんの詳細♡

 

テールユ・ルエタツ(作者window)
☆関係性:知り合い、化粧争奪戦

昔メイクの仕事で会ったことがあるわ!テレビに出てた人!星神教に誘いたいわ♡

元業界の人の詳細♡

 

ショウユウ・ルセミ(作者window)
☆関係性:かわいかった?、化粧争奪戦

あらヤダかわいい…うん?彼女とっても素敵な顔してたはずだけど思い出せないわ??

顔が覚えられない子の詳細♡

 

レルムヴァート(作者Y.o.U.)
☆関係性:かわいくていい男

あらヤダ顔がタイプだわ♡しかもいい男ねえ♡♡

かわいくてイケメンなレルムちゃんの詳細♡

 

グレイス・シャーベット(作者松吉)
☆関係性:いい男

あらヤダイケメン!いい男ねえ♡♡

イケメングレイスちゃんの詳細♡

 

チカ・アルシュエリー(作者松吉)
☆関係性:弓矢仲間

グレイスちゃんのそばにいた子!彼女もかわいいわ♡♡あら!弓矢使いなのねお揃い!色々教えたくなっちゃう♡♡

弓矢使いのチカちゃんの詳細♡

 

 

●英雄機関

ナオ・オルドリン(作者window)
☆関係性:ライバル、化粧争奪戦

紫銀ねえ…あらヤダ!私とイメージカラー被ってるじゃない!しかも狙ってるあの化粧品私も欲しいやつ!渡さないわ!

イメージカラー被りなライバルの詳細♡

 

 

●その他

【月夜の怪盗団】

  • 怪盗♛︎キングムーン(作者window)

☆関係性:いい男…だけど敵

このイケメン怪盗、星神教のとある拠点に入り込んだの!危ないわ…星神教とVICEの関係を暴く気ね!イケメンとはいえそんなの許さないわ!

 

『経歴』

■??年

神に近い存在であったミボシはとある事情で人間になった。そこで星神の巫女の誘いを受け、新たに力を授かる。星の神復活に向けて頑張るわ♡

 

■??年

星願世界ウィシュターズからきたアンスター1家という一族と出会う。アンスター1家の長がある罪を犯したため、しばらく贖罪のために世界を巡り人の願いを叶えるようにと言われていた模様。当人たちは真面目に贖罪の旅をしていたが、その世界の力が星の神復活の妨げになりそうだと感じたミボシは1家を唆し、星の神のお告げと称して洗脳。

彼らに故郷である星願世界を襲わせ、半壊状態にさせる。

 

その後ジジ達冒険隊御一行が星願世界のゴタゴタを解決。正気に戻ったアンスター1家から星の神のことを聞かされる。

 

■異暦80年

星の派閥と共にユースティア来襲。パンタシア界陸を中心として活動開始。

彁の派閥の協力を仰ぎ、『星神教』の設立のバックアップや紋章デザインなどを依頼。

彼…彼女はメイクアップアーティストとして活動し、新興宗教『星神教』の布教をさりげなく行い、信者を増やし始める。

 

■異暦101年

リーベルタースの某ショッピングモールにて期間数量限定のメイク道具の販売が決定!あらヤダ素敵!是非とも欲しいわ!…しかし化粧品目当てに集まるのはミボシだけでは無い。ライバルはたくさんいた!

 

ルナ&ナオVS魔の派閥のオシャレ好きピエロキッドVS取材用メイク道具鼻血まみれで買い直しに来た紋課のテールユ&ショウユウ+元凶のウォルター&ライリーVS化粧するパリピ孔雀獣人ユノ+巻き込まれたセレシアVS限定品に心躍るリーベルタース一般市民(強い)

壮絶な戦いであった…

 

■異暦102年

現在。

 

 

 

 

余談

【ミボシ・M・キロンという名前】

素敵な名前でしょ♡仮初の名前だけど気に入っているわ♡

ミボシっていう名前はね、南斗六星の升の部分に当たるζ-τ-σ-φ星の4星を、籾をふるい分けちゃう農具の「箕」に見立てた「ミボシ(箕星)」と呼んでた話から。

Mはね南斗六星のことを英語圏でも ミルク・ディッパー (Milk Dipper)って呼ばれているからよ!

キロンはケンタウルス族の賢者・キロン(ケイローン)から取ったのよ!なかなかいい名前してるでしょ♡

 

 

【今は人間よ♡】

以前のミボシは人ではなかった。それは神に近い存在だったそう。しかしある事情でその神聖な力を手放し、人間となったらしい。

本人はそのことを微塵も気にしていない。しかし星の神から新たに力を貰った為、それらの恩に報いるために頑張っている。

 

【酒の匂いは好きじゃないの♡】

えっどういう意味?酒は好きなのに…

ミボシ「酒の匂いがする時はね、いつもろくなことが起こらないのよ~♡」

大天狗【VICE】(ユースティアver)

『基本情報』

■名前 大天狗/緋歐山乾嘩坊ひおうざんけんかぼう

■二つ名 天怪/山の神/天風

■出身 神界 緋歐山

■所属 VICE:怪の派閥 八怪 天組 頭領

■総評 A+

『生体情報』

■種族 大天狗

■性別 女

■年齢 702歳

■生年月日10月9日

■身長 190.0cm

■体重 微増(筋とれ効果)

■利き手 右利き

 

保有能力』

■能力名

【妖術 風火】

☆種別 エフェクト

☆射程 100m越え

☆総評  A+

妖力を変化させ四つの属性に変化させる妖術。天怪は風と火属性に適性を持ち、その2つの使用が可能。特に風属性を多用する。

天狗のうちわに風を纏わせ暴風を起こす。(火属性は、天狗の適正にあるから備えているだけなのでそこまで使っていない。人を驚かせる時に天狗火として使うのみ)

 

【妖術 強化術】

☆種別 エフェクト

☆射程 手の届く範囲

☆総評 A

肉体や武器に妖力を纏わせ強化する基本の術。

非常にシンプルだが、圧倒的な妖力量によって強化された身体能力はあらゆる攻撃が必殺級の攻撃となる。

 

【神通力】

☆種別 オリジン

☆射程 数km

☆総評 B-

不可能なことを成し遂げるために、自身の潜在能力を発揮する力。

・神足通

望んだ場所に何の妨げもなくいくことができる移動能力。

・天眼通

未来を見ることができる。あくまで見るだけなので、この能力だけでは未来を変えることは不可能。そこまで鍛えてないからあまり先のことは見えない。

・天耳通

数キロ先の会話まで聞き取れる。

・他心通

人の心を読む力。しかし大天狗は澄んだ心の持ち主ではなく雑念にまみれてるのでそこまで読み取れない。簡単な気持ちくらい。

・宿命通

過去の自分を見る力。嘘つけ人間が見えるからこの能力も使えないな!

・漏尽通

煩悩が無くなった時に発動するらしい、大天狗はちやほやされたい欲があるためこの能力も使えない。

 

【天狗の翼】

☆種別 オリジン

☆射程 自分

☆総評 A-

自由自在に空を飛び回ることの出来る翼。

 

武装詳細

【天狗面】

☆種別 お面

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度

幹部の証である王から授かるお面。大天狗は貰ったそのままなんの加工もせずに頭につけている。(お面のデザインはFrog氏)

(こちらはFrog氏の原案、これに歯を長くして血を垂らして加工)

 

【大天狗の羽団扇】

☆種別 羽団扇

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度 S-

天狗の中でも、大天狗または力の強い天狗が持つとされる団扇。羽団扇自体が強力な神通力を有するとされる。これ1本でも、飛行、縮地、分身、変身、風雨、火炎、人心、折伏など自在に行えるらしい。持っているだけでも色々効果のあるうちわ。これで彼女の風の妖術と共に仰げば、強力な風が巻き起こり、小さな火花は燃え広がる。

 

【獄宝・地獄の業風】

☆種別 扇

☆長さ

☆重量

☆材質 不明(地獄製)

☆練度 A

「おびたたしく鳴りどよむ程に、もの言ふ声も聞えず。かの地獄の業の風なりともかばかりにこそはとぞ覚ゆる」by方丈記

地獄の風を巻き起こす扇。部下のくろうりーが献上してきた。相手の犯した罪が重ければ重いほど強力な風を巻き起こすらしく、強敵であるほど効果を発揮する。人という存在は罪に囚われるか弱い生き物である、わしら妖怪は気楽でよいぞ。

 

■戦闘スタイル

風を巻き起こし、全てを吹き飛ばす。仲間の指揮を取り、優れた統率力で敵を追い詰める集団戦のエキスパート。空中戦を最も得意とする。

 

『性格』

■人柄

『豪快で仲間思いな姉御天狗(ちょっとお調子者)』

怪の派閥の幹部八怪のひとり『天怪』の異名を持つ大天狗であり、天組の頭領。

幹部の中では最古参組であり、その中でも大神様への忠誠心と派閥内の妖怪たちの調和を大事にしていることから、幹部のまとめ役ともなっている。

豪快で力任せなように見えるが、仲間思いな姉御で頭もよく指揮系統にも強い。そのため天組の統率力は他の組を抜いてトップクラス。

頼れる姉御にみえるが、かつては驕慢であり、今でもその名残で頼られまくることに快感を覚え、それで調子に乗ることがよくある。ちやほやされることが好きだからみんなを率先して取りまとめるのだ。異世界から来た妖怪達を引き受けるほど懐深いのもこれが要因の一つ。異世界妖怪も彼女のことを慕っており、また彼女の鼻は高くなる。

天狗は生前人間であった者が多く、彼女もそうであった。しかし現在は大神の歪んだ影響で人間に対して超敵対的…というか美味そうな肉としか思っていない。かつて人間であったことなどはすっかり忘れた。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 風起こし、指揮

 

□趣味 祭巡り、散歩、筋とれ

 

□好 大神様、妖怪の仲間、人間(食料として)、彁の王(食料として)、自然、酒、宴、祭

 

□嫌 フィリップ、電子機器、現代の街、重機の音

 

■話し方

□自分 『わし』

 相手 『お主』 

 複数 『お主ら』

「わしが天組の頭領の大天狗である!」

「人間は好きだぞ!美味いからな!ワッハハ!」

「いんたーねっと?なんだいそれは?」

「わしらはばいすだ!」

古風で姉御な感じ、ワッハハと笑う。気分が良くなるとお調子者になる。カタカナ語や外来語はひらがな表記に。

 

■交友関係

●VICE

【怪の派閥】

大神様
☆関係性:主、信仰

わしらの世界の神界の神様。とてもとても慕っている。大神様のために神と妖の世界をつくろう!人間をたくさん食うぞ!

怪の王こと大神様の詳細

 

【幹部・八怪】

極天鬼(作者磁石)
☆関係性:幹部仲間、同僚、友人、古参同士

力強くていいやつだ!異世界から来た妖怪の1部も引き受けてくれた懐深い奴だ!(懐深いというか…彼らの技能が戦闘に利用できそうだから)

鬼怪の詳細

 

キコ(作者ジヴァール)
☆関係性:幹部仲間、同僚、友人、警戒、古参同士

何か企んでおるやつだ!まあそれは良いか(呑気)。異世界から来た妖怪も引き受けてくれたようで懐深いやつだ。

こやつと食べる肉は格別に美味い!ほらこれは例の気に食わぬ鶏のとこの頭領の肉だ!(…イタイ(小声))美味いだろう…しかも無限に生えるぞ!それに火属性と風属性という戦闘での相性は良い。

狐怪の詳細

 

  • 蛇怪(作者)

☆関係性:幹部仲間、同僚

いつも静かなやつだ!

 

  • 屍怪(作者ターケン)

☆関係性:幹部仲間、同僚、可愛い

めんこいやつだ!何を言っておるかわからぬが良い筋肉をしておる!

 

  • 血怪(作者松吉)

☆関係性:幹部仲間、同僚、

ぷらいどの高いやつだ!いわゆる西洋妖怪のどらきゅら!

 

  • 悪怪(作者)

☆関係性:幹部仲間、同僚

悪魔だ!悪魔って妖怪なのかよく分からぬがまあよいか!

 

  • 独怪(作者)

☆関係性:幹部仲間、同僚

なんだかよく分からぬ新しい妖怪だ!歓迎するぞ!全く話をせぬ者だが。都市伝説…いんたーねっと…難しいのう。

 

【天組】

☆関係性:部下

異世界から来た烏天狗である。彼らも人を食う祭りをしていたところ、退治されてしまって地獄送りにされてしまったらしい。それで彼らは長の手助けで、地獄から脱走してこちらにたどり着いたとのこと。長を失いもう行き場がないと泣きつかれた。

最初はわしら神界の妖怪達も彼らを受け入れるかどうか悩んだが、地獄の宝を持ってきて土下座してきたため仲間に入れることにした。

特にくろうりーはわしに忠誠を誓っておる。お気に入りの部下だ。

 

【彁の派閥】

フィリップ・ウリエライム(作者Frog/ジヴァール)
☆関係性:協力関係、気に食わぬ、肉!

わしらがこちらの世界に来たばかりの頃に交渉をもちかけてきた偉そうな鶏。この世界は人だけじゃなく畜生も話すのか!肉のくせにうるさいのう。ん?人の肉を提供してくれるだと?!お主を食べるのは最後にしてやろう。

気に食わぬが肉をくれる鶏の詳細

 

Nobody(作者window)
☆関係性:肉!好意!

例の鶏のとこの頭領。わしらの大神様と似たような立場にいるらしい。ばいす派閥の王?あの文字なんと読む?独怪はわかるか?

それはとにかく鶏の非礼を詫びたいと言ってきた。そうだなあ…お主は人間だな?食わせろ!

のーばでーはあっさりと自分の肉を献上してきたので、以降鶏が怪の派閥と取引する度にこの王を呼びつけて食っている。どうせまた生えるんだろ!無限の肉!

彁の王こと無限の肉の詳細

 

【争の派閥】

オニワカ(作者window)
☆関係性:気に食わぬ

ある時遭遇した鬼仮面。鬼怪の部下かと思ったわ!それに何故か哀れみの目を向けられた…なんだこやつ気に食わぬ。(ヒント:天狗の生前)

気に食わぬ鬼仮面の詳細

 

●KR

【KR本部】

ジジ(ジーナ)(作者window)
☆関係性:敵

部下のくろうりーの宿敵だという猫。面白いのう…妖怪でもないただの猫が化けるか。

部下のくろうりーの宿敵な黒猫の詳細

 

【ガルドーラ支部

エリーフ(作者window)
☆関係性:紛らわしい

この世界の天狗かと思ったわ!紛らわしい。

天狗もどきな女神の詳細

 

『経歴』

■??年

生前の彼女は人間の僧侶だった。僧侶として崇められるも、驕慢だった彼女は死んで緋歐山にて天狗として生まれ変わる。最初はショックで、元人間の妖怪として心を改めて人と妖と神が共生できる世の中にしようと考える。

しかし天狗の仲間に入れてもらい、どんちゃん騒ぎ。また調子に乗ることが増え、人と妖と神の共生の話は何処へやら。気に入った人間を助けたり、気に食わない人間は襲ったりする日々。気まぐれ天狗として人から恐れられられていた。

一方で妖怪同士の争いを仲裁し、山から争いは減り、喧嘩の騒ぎではなく宴で盛り上がるようになった。

 

■??年

気づけば天狗の中でも最古参の部類に。これまでの実績から、古参天狗として仲間に慕われ気を良くしていた。

 

■??年

神界にVICEが来襲、世界は滅んだ。大神様は皆を救うために、神や妖怪を吸収し始める。しかしそこで人間を取り込む前に悪性の神となってしまい、その影響下にあった彼女ら妖怪も歪んでしまい人間に対して超敵対的になる…いや敵対的というか人間のことを美味い肉としか認識していない。

大天狗は生前の自分が人間であったことも忘れて、妖怪と神だけが共生する世の中にしようと考える。

 

■異暦84年

怪の派閥と共にユースティア来襲。大神様が祀られる山ごとマギーアに。

 

しばらくして見知らぬ妖怪達が現れる。それは神界の妖怪では無い異世界の妖怪。ユースティアの妖怪ではなく彼らもこちらに転移して彷徨っていたとの事。彼らは長を失ったようでこのままだと滅んでしまうと泣きついてきた。うーんまあお主らも妖怪だがなあ…よその世界か。

そしたら異世界の妖怪は彼らの世界の地獄の宝を献上し媚びを売ったので、受け入れることに。それぞれ適任な組へ割り振り、異世界烏天狗が側近となる。

 

同年に彁の派閥の幹部から協力を持ちかけられる…なんだこの鶏?!気に食わぬが人肉くれるのか…それはいいな。渋々大神様も交渉を飲む模様。気に食わぬが人肉は美味しいからなあ。

 

数日後、彁の王が謝罪に訪れた。お前人間だな?お前の肉を寄越せと脅したら腕をくれた。変な人間だ…失った腕がまた生えるなんて。また食わせろ。

 

■異暦95年

部下のくろうりーが慌てて飛んできた。かつてくろうりー達を倒した奴がこちらの世界にやってきたと言う。ほう面白い…妖を倒した猫か。わしがお主らの長の仇をうってやろうではないか。

 

■異暦102年

現在。

 

 

 

余談

【天組とは?】

天組は 「怪」の派閥の空中軌道集団。『天怪』である大天狗を筆頭とした飛行能力に優れた者達で構成される他、忠誠心•仲間意識が強い者も多く、派閥内の和を重要視し、組ごとの仲を取り持つ。

情報収集や物資運搬、連絡を行う役割を持つ。

 

【好きな物人間】

美味しい…なんかごちゃごちゃうるさいけど黙らせれば美味しい肉だ!(食料として大好きである)

 

【好きな物彁の王】

美味しい無限の肉だ!わしはお主のこと大好きだぞのーばでー!

(怪の派閥とフィリップが取引する度に王は食われます。でも大丈夫生常の異能で復活できるから!えっなになにそれでも痛いものは痛いし食われるのがトラウマになってるだって?…頑張れVICEの活動の為だ!)

 

【趣味祭巡り】

人の生み出した祭りも大好きです。楽しい上に人肉がいっぱい!

ドロテア・ディ・ファンジグリア【VICE】(ユースティアver)

『基本情報』

■名前 ドロテア・ディ・ファンジグリア

■二つ名 王黒賜杯おうこくしはいの"曲筆きょくひつ"

■出身 ユースティア マギーア界陸ラグライア

■所属 VICE:贋の派閥 司民

■総評 A-

『生体情報』

■種族 地族無種(人間)

■性別 女

■年齢 17歳(異暦102年時)

■生年月日4月3日

■身長 147.7cm

■体重 レディの体重を聞くなんて…

■利き手 右利き

 

保有能力』

■能力名

【鵺の妖墨】

☆種別 エフェクト

☆射程 最大十m

☆総評 A+

彼女の生み出す黒い水に触れたものは偽りの記憶を植え付けられ、やがて歪んでしまう。彼女自身もこの能力で歪んでしまい、偽りの経歴を語っている。全てはドロテアの思い通り…ではなくヴァルパーナや贋の派閥に都合の良い記憶に塗り替える力である。

しかし黒の水を定期的に摂取させないと塗り替えた記憶は持続しない、更に彼女の生み出す黒の水の濃度や質で効果量が変動する。黒い水を生み出すことに集中しなければ質の良いものを生み出すことが出来ない。

【属性式全王級】

☆種別 ウルティマ

☆射程

☆総評 A

最も一般的な魔法。属性による縛りが強いため応用がきかない。ドロテアはラグライア貴族であるため魔法の教育も受けていた。

黒い水発動に専念する際は使わない。

 

【援妨の魔法/法則式上級】

☆種別 ウルティマ

☆射程

☆総評 A

やや仕組みが複雑だが応用力が高い。現象を分析し再現することに長ける。ドロテアは攻撃ではなく支援系や妨害系の魔法を得意とする。

黒い水発動に専念する際は使わない。

 

武装詳細

【魔消ノ日傘】

☆種別 日傘

☆長さ

☆重量

☆材質 不明

☆練度

とても頑丈な作りをした日傘。平民級(B)程度の魔法なら、この傘で打ち消し防ぐことが可能。異能の黒い水を纏わせることもある。

 

■戦闘スタイル

基本は配下が行う。ドロテアは魔法で援護したり、妨害をしたりする。黒い水を生み出す際はそれに専念するため、隙が生まれるが配下に警護されているため、近寄ることは厳しい。さらに彼女へ魔法の攻撃が飛べば傘で弾かれてしまう。

そして彼女の生み出す黒い水に触れてしまえば、彼女らに都合の良い記憶に改竄されてしまう。

 

『性格』

■人柄

『商人貴族出身のお嬢様』

贋の派閥の幹部『王黒賜杯の"曲筆"』の異名を持つ、商人貴族の少女。

ラグライアの貴族であり、ファンジグリア家は名家であるとのこと。彼女は貴族であることを誇りに思っており、貴族や王族といった高貴な階級を持ったものには敬意をはらい、その一方でなんの身分も持たないような下民は見下している。泥臭いことを嫌い、優雅なことを好む。

贋の派閥の商の分野は彼女によって発展した。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 商売、交渉、どこでも寝る

 

□趣味 勉強、貴族のすること一通り

 

□好 ピザ(マルゲリータ)、ヴァルパーナ様、貴族、高価なもの、金、紅茶、高級寿司

 

□嫌 ヴァルパーナ様の害となるもの、下民、汚い場所、泥臭いこと

 

■話し方

□自分 『私』

 相手 『貴方』 『お前(下民)』

 複数 『貴方たち』『皆様』『お前たち(下民)』

ごきげんよう皆様」

ほぼ敬語を崩さない。お嬢様口調。下民や階級の低いものには命令口調。

 

■交友関係

●VICE

【贋の派閥】

ヴァルパーナ(作者ゼロ)
☆関係性:主、忠誠

私の商才を見出してくれたお方。絶対の忠誠を誓っている。

我らが贋の王ヴァルパーナ様の詳細

 

ドロテア配下達(古参)
☆関係性:信頼

元は家の使用人だった方達、信頼しておりますわ、階級が低い方達ですけど。

 

【彁の派閥】

Nobody(作者window)
☆関係性:協力

よく取引する派閥の王の方ですわ。

協力相手の彁の王の詳細

 

●KR

【KR本部】

  • ルスベ・アルデス(作者ゼロ)

☆関係性:敵

 

  • リリ・テレーズ(作者ゼロ)

☆関係性:敵

 

☆関係性:敵

 

 

テールユ・ルエタツ(作者window)
☆関係性:商人の家の出同士

KRで現在広報科長をしているあのお方。リーベルタースの商家の方ですわね…これは何か使えるはずですわ。

いつか脅して利用出来そうなKR広報科長テールユの詳細

 

●その他

【月夜の怪盗団】

  • 怪盗キングムーン(作者window)

☆関係性:宿敵、泥棒

このお方…私の拠点のひとつに堂々と予告状だして派閥のものや私のコレクションの宝石を盗みましたの!そこまで重要な拠点ではなかったとはいえ絶対に許しませんわ!ヴァルパーナ様の元に突き出してやります!次はひっ捕らえなさいお前たち!

 

『経歴』

■異暦85年(0歳)

ラグライアの商人貴族の名家ファンジグリア家の長女として誕生。家族や多くの使用人に囲まれ、愛されながら育つ。

 

■異暦98年(13歳)

商人としての才能が贋の派閥の王ヴァルパーナの目にとまり、勧誘される。

 

■異暦100年(15歳)

商人としての才能を発揮、若くして幹部に昇格。4人目の幹部『王黒賜杯の"曲筆"』となる。

 

■異暦102年(17歳)

現在。

 

 

余談

【商人の名家ファンジグリア家】

マギーア界陸ラグライアの有名な貴族の家。古くからある由緒正しき商人の名家である。

 

 

 

テールユ「私のルエタツ家、リーベルタースではそこそこ有名な商人の家でして、他の界陸の商人の方とも取引するのですよ。…父に聞いたのですがラグライアにファンジグリア家という名前の家は無いと…。はて?新興の商人貴族でしょうかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【歪みゆく前は…】

『基本情報』

■名前 ドロテア

■二つ名 泥女/泥子

■出身 ユースティア  スラム街

■所属 無所属

■総評 D

 

『生体情報』

■種族 地族無種(人間)

■性別 女

■年齢 13歳(異暦98年時)

■生年月日4月3日

■身長 145.0cm

■体重 バーカ!言わねえよ

■利き手 右利き

 

保有能力』

■能力名

【属性式全兵士級】

☆種別 ウルティマ

☆射程

☆総評 C

最も一般的な魔法。属性による縛りが強いため応用がきかない。ドロテアは貴族の捨てた本から独学で学んだ。

 

【援護し妨害する魔法/法則式下級】

☆種別 ウルティマ

☆射程

☆総評 C

やや仕組みが複雑だが応用力が高い。現象を分析し再現することに長ける。ドロテアは攻撃ではなく支援系や妨害系の魔法を得意とする。ドロテアは貴族の捨てた本から独学で学んだ。

 

 

■戦闘スタイル

オレの代わりに力自慢のゴロツキがお相手するぜ!魔法で援護してやる!

「ヘイ!姉御のためなら!」

 

『性格』

■人柄

『泥臭い雑草魂成り上がり商人娘』

スラム育ちの少女。とにかく貴族共を見返すために様々なことを学び、商才を発揮して成り上がった。泥にまみれても這いずりまわり、踏まれまくっても立ち上がる雑草魂の持ち主。

そしてスラムの仲間と商売で成功。貴族に中指を立て、その後は世界を旅する商人となった…はずだった。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 商売、交渉、どこでも寝る

 

□趣味 勉強

 

□好 ジャンクフード(特にピザ)、肉、寿司、勉強、知識、金、泥臭いこと、努力

 

□嫌 貴族、規律、退屈、努力を否定するやつ

 

■話し方

□自分 『オレ』『私』

 相手 『お前』 『貴方』

 複数 『お前ら』『貴方たち』

女だけど完全にチンピラ。商売相手には敬語も使う。

 

■交友関係

●スラムの愉快な仲間たち

ゴロツキ共
☆関係性:仲間

オレの商売を支えてくれる大事な仲間で護衛だ!姉御と呼ばれて尊敬されている。

 

グリム・ザ・ブレイク(作者ターケン)
☆関係性:知り合い

スラムでは気に食わないやつは殴り飛ばすだっけ?(ムカつくやつはぶっ飛ばせです)

いい考えだな!

スラムの愉快な知り合いグリムの詳細

 

●貴族達

貴族の野郎ども
☆関係性:許さん

オレの家を燃やしたり、スラムのガキが勉強することをバカにしてきた奴ら!はん!こちとら商売が成功したんで見返してやったぜ!バーカ!

 

●商売仲間

【旅する商人一派】

  • 寿司職人(作者window)

☆関係性:商売相手

うめぇ!こんなにも美味いものがこの世の中にはあったのか!

 

  • コナタ(作者window)

☆関係性:商売相手

なんかちっこいガキを連れた星と月のイヤリング付けた貴族みたいなやつ。見た目はいけすかねえやつだが、オレたちの商品を高く買い取ってくれた!スラムのガキたちに寄付もしてるんだとよ。世の中にはいい貴族もいるんだなあ。

 

  • 世紀末から来たヤツら(作者window)

☆関係性:商売相手

フーテンの世紀末ホットドッグ販売人とオレたちみたいな汚ぇガキと綺麗な顔したシスター。

スラムよりも荒れた世界から来たらしく、スラム街育ちだからといって差別したりしないヤツらだ。なんかあのガキがいると腹が減るから、ついついホットドッグ買っちまうけどよ。商売がうめぇやつだ。

それにしてもシスターがチェーンソーか。

 

  • 白頭巾(作者window)

☆関係性:商売相手

ここの一派の護衛らしい。オレのゴロツキみたいなもんか。

 

●VICE

【贋の派閥】

贋の派閥の人達
☆関係性:客…じゃなかった

なっなんだてめぇら!?

 

『経歴』

■異暦85年(0歳)

あるスラム街にて生まれる。父と母はいなかった…貴族の捨て子だったのかもしれないし、スラム連中の子だったかもしれないが真相は不明。スラムの子ども達と逞しく育つ。

 

■異暦?年(?歳)

スラムでグリムという少年と出会う。

 

■異暦?年(?歳)

ある日、根城にしていた家もどきが貴族に焼き払われる…はァ?!

下民を見下しこんな所業をする名ばかりが立派な古臭い貴族達にうんざりした。そして彼らを見返すために勉強を始める。奴らがどんなにオレたちから奪おうが、学んだことは知識は奪えねぇ!

ドロテアはどんどん学び、商才を発揮。スラムのゴロツキ共を説得し、味方につけさまざまな商売を始める。貴族は彼女をバカにし、頭の悪いスラムの連中は最初は小娘の戯言としてあしらっていたが、商売を成功させるにつれて金を得て、彼女に賛同し加わる者も増えた。彼女を純粋に尊敬する者も増えた。

 

■異暦98年(13歳)

ドロテアは成り上がった。スラムを離れ商人として旅することも増えた。多くの商売相手や仲間もできた。そして昔バカにしてきた貴族に中指を立ててやった!バーカ!

しかしそこで彼女の商才を贋の派閥の王に目をつけられる。優秀な商人を自軍に引き入れるために様々な策略が立てられ、彼女は仲間のゴロツキごと贋の派閥に誘拐される。

彼女らは徐々に思考や体質が歪められてしまう。しかしそれでも抗い続けていた。

 

■異暦100年(15歳)

ヴァルパーナはドロテアに鵺の妖墨を与える。それはとても黒い水、記憶を歪める黒い水。

彼女は完全に歪んだ。ヴァルパーナの忠実な下僕、4人目の幹部『王黒賜杯の"曲筆"』となる。この日から自らをドロテア・ディ・ファンジグリアと名乗るようになり、ラグライアの貴族商人だと言う経歴を語り始める。抗い続けていたゴロツキも黒い水の能力で完全に記憶を改竄される。ゴロツキ達は贋の派閥員としてドロテアの配下となった

 

■異暦102年(17歳)

現在。

 

 

余談

【現在のドロテアの完璧貴族ムーヴ】

元からドロテアは学んだことをすぐ吸収できるスポンジのような奴です。記憶改竄後に貴族らしく振る舞う為に、貴族仕草もすぐ身につけたことでしょう。

 

 

【ドロテア配下古参=ゴロツキ】

ドロテア配下古参勢はかつてゴロツキだった者たちである。下民を見下すようになった現在のドロテアが古参配下を信頼しているのは、かつてのなごり。現在のドロテアは階級の低い配下に命令口調で指示しているが、元から会話はスラム育ち同士口汚く言い合っていた。姿や立場や記憶がどんなに変わろうとも、この関係性は最期まで変わらない。

アカネ・ウルワン【KR】(ユースティアver)

「確率って…何?」

『基本情報』

■名前 アカネ・ウルワン/夕日 茜(ユウヒ・アカネ)

■二つ名 VICE狩り/怨讐者/赤橙/天運

■出身 不明(ゲオメトリア界陸育ち)

■所属 KRバルツン支部:戦闘部隊・槍課ランスクラン

■総評 A-

『生体情報』

■種族 人間…?

■性別 男

■年齢 20歳(異暦102年時)

■生年月日6月7日

■身長 180.0cm

■体重 70.0kg

■利き手 右利き

 

保有能力』

■能力名

【チャンスオーラ/天運の使者】

☆種別 エフェクト

☆射程 数km

☆総評 S-

自分の願ったことが起きる確率を変動させる異能。こう聞くとえっ激強じゃん、運勢操作はイグジストではないか?という意見もあるだろう。

 

しかしアカネはバカである。

そもそも確率って何?レベル

 

非常に扱いも難しい能力であり、更に現時点でこの能力のレベルはサイコロの目で任意の数を出そうとしても、何度も何度も試すと出る目の数の偏りが確認できる程度の効果しかない。バカなアカネは確率を活かした戦闘方法も思いつかない。

 

【予知?】

☆種別 非公開

よく予言めいた悪夢や悪い予感を見る。

その悪い内容は自分の死に関するものが多い。

 

武装詳細

【KR式バスターソード-Jジュールカスタム】

☆種別 大剣/合体剣

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度 A

KR式バスターソードをテリナ支部の技術者が弄ったもの。元となったバスターソードの他にいくつかの剣が取り付けられた合体剣。ちょっと機械仕掛けな見た目。

 

【サイコロ】

☆種別 サイコロ

☆長さ

☆重量

☆材質

☆練度

なんの細工もされていない普通のサイコロ。能力の確認のために使用するが、偏りが見られるだけ。最近サナにTRPG用のダイズをたくさん押し付けられた。

サナ「違う違うダイスよ!」

 

■戦闘スタイル

大剣を振り回すゴリ押し戦法。能力などの小細工はあまりせず(というか出来ない)大剣と肉体1本で立ち回る。

 

■形態

【怨讐の果て】

☆総評 S

稀に発動。行き場のない憎悪・復讐心の果てにたどり着いた姿。目の前の敵を滅ぼすまで無尽蔵に力を与える。敵を滅ぼせば解除され気絶する。

 

『性格』

■人柄

『愛されおバカ/VICE絶対許さないマン』

とても明るくバルツン支部の太陽とも呼べる存在。そして究極のおバカである。かつて自分が獣人に育てられたことから、獣人の事は特に気にかけている。そのため異種族同士の偏見はなく、どんな種族にも話しかけ、すぐ仲良くなれる。そして人懐っこい。そのため人から好かれがち。表情豊かで感情も豊か。

かつて野球をよくやっていたらしく超がつくほどの野球バカ。きっと何事もなければ彼は傭兵ではなく野球選手になっていたのかもしれない。

一方でVICEに対する感情は憎悪のみ。故郷をVICEに壊滅させられ、KRで出来た友人もVICEに殺されてしまった為、全てのVICEを抹殺することを誓っている。どんな理由があれどVICEならば全て敵。そんなVICEを庇うやつも全て敵。絶対に許さない。生かしてなるものか。

元々は故郷のゲオメトリア界陸にあるテリナ支部所属だったが、故郷を壊滅させたVICEのひとりが入団してきたため、大騒動を起こしバルツン支部に移籍。

ただでさえVICE襲撃でアカネの運命は復讐に狂う事になったのに、この人物の加入以降ますますおかしくなってしまう。いつも通り明るく振る舞いながらも、大きな闇が垣間見える。

VICEが憎い、あいつが憎い、なのにあいつは今は仲間だからと手出しできない。多くの団員があいつに心を開いている。何故だ。あいつらはおかしい、いやオレがおかしいのか。もうわかんねー…

そして彼はシデンの「弱者は虐げられ、強者が全てを踏みにじる」という言葉に取り憑かれている。

 

■趣味・嗜好

 

□特技 野球、運動

 

□趣味 野球、麻雀、TRPG

 

□好 家族、友だち、野球、獣人、セレシア先生

 

□嫌 VICE、シデン、チノ、友を殺した奴、シェルト、チノに味方するやつ、地図(見方がわからない)、勉強

 

■話し方

□自分 『オレ』

 相手 『あんた』『お前』 

 複数 『あんたら』『お前ら』

「確率って…何?」「あーオレバカだから難しい話とかわかんねー!」「因数分解?そんなの勝手に分解するなよ!」「そう!アレだよゆうしゃくしゃくな感じで行くぞ?」

「哀れだ…実に哀れだ…VICEを庇うなんて」「弱者は虐げられ!強者が全てを踏みにじる!!それが"ユースティアここ"だ!!」「VICEは死ね!それが運命だ!ははは!」

「贖罪?それは罪から逃げるための言い訳だろ?罪から目をそらすための自己満足だ!」

普段はちょっとおバカな普通の青年、頑張って先輩から教わった難しい言葉を使おうとして使いこなせていなかったり、疑問形になったりする。

そしてシデンの言葉が脳裏に焼き付いたせいで度々暴言…というか普段の彼らしくない言葉が出る。特にVICE関連の話題で彼は狂ってしまう。怒りを通り越して狂ったように笑い出す。

なおVICE狩りに狂ってることを除けば基本良い奴な為、KR内での友人は多い方。

 

■交友関係

●KR

【KR本部】

セレシア(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、先生、依存

仇を失ってぼーっと歩いていたところこの先生に捕まる。セレシア先生と話していると心が落ち着く。少しの間だけでもオレは復讐を忘れることができる。セレシア先生が居なくなった時のことなんて考えられない。危険な戦場に行かないでほしい。

大好きなセレシア先生の詳細

 

リア・レッドマン(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、友人

とても明るく楽しい機械のおっちゃん。最初に会った時は非常に驚かれた。リアさんの恩人や仲間にオレと同じ顔の人がいたらしい…。それはさておき、リアとアカネが揃えば雰囲気はとても明るくなる。

しかしそんなリアさんもVICEに仲間を奪われた過去があるらしい。それでもリアさんは元VICE団員に対して親しく接する。なんで…VICEが憎くないのか?!

リア「…もちろん許してはいない。」

リアさんの詳細

 

ジジ(ジーナ)(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、友人

ジジ「えっ!ジジちゃんの友だちの高校球児と同じ顔じゃん!」

と突然黒猫が話しかけてきてびっくりした。そこから彼女と野球することが増える。

ジジを会して同期のマヴと親しくなる。

…ところでまだこの顔の人いるってこと?これまで合計何人出てきた?!あー数学は苦手!世界に同じ顔の人は3人しかいないって聞いてたのに嘘だったのか!

馴れ馴れしい猫の詳細

 

ハンナ・ストランド(作者松吉)
☆関係性:同僚、先輩、友人

同じバスターソード使いとして仲がいい。彼女の立ち振る舞いから学ぶことは多い。

 

ナザレス・エッジワース(作者Y.o.U.)
☆関係性:同僚、先輩、師匠

先輩に紹介してもらったバスターソードを二刀も軽々と使いこなしていた戦士。彼からバスターソードでの戦い方を沢山学んだ。先輩とはまた違った形で師匠として尊敬していた。…99年のあの事件で彼は死んだことになっている。嘘だ!ナザレスさんが死ぬなんて!

師ナザレスさんの詳細

 

マヴ・ヘヴン(作者ゼロ)
☆関係性:同僚、同期、友人

ジジが連れてきた氷のような表情をした人物。まあ同期なんだけどな。既に知り合ってはいた。ジジとマヴと野球をしたりキャッチボールをして仲良くなった。

…だからこそ彼とE5を襲ったVICEが憎い。皓天騎士団の手によって彼は死んだ。

同期で友人の氷極の詳細

 

ヴァーミリオン・エア(作者ゼロ)
☆関係性:同僚、同期、友人?

非常にキャラが濃いお嬢様。生き残ることに喜びを覚えているというよくわからないやつだった…。だからこそ彼女が生還しない日が来るとは思わなかった。

同期のお嬢様紅の詳細

 

トレック・アットルース(作者うまそう)
☆関係性:同僚、同期、友人

本部の孤児院で出会い仲良くなった。そして共に切磋琢磨し、本部と支部で所属は異なるが同期として傭兵になった。VICEに故郷を滅ぼされたもの同士共感するとこもあった。彼の妹が見つかることも祈っていた。

…VICEはまたオレから奪った。彼はVICEに殺された。

 

アイビ(作者磁石)
☆関係性:同僚、同期、友人?

話しかけても素っ気なく、いつもコソコソしていた同期。タバコ吸いすぎて心配

あれ?アイビは薬課だったはず?いつの間にか槍課にいるなあ。

同期の照れ屋アイビの詳細

 

アルダ(作者泡沫)
☆関係性:同僚、後輩、ちょっと嫌いだった

VICEを殺さない軟弱者部隊の隊長。才能も人望も全て持ってるやつ。そのくせ無愛想で孤高を気取っている。…やっぱり力のあるやつにみんな惹かれる。

でもレヴォを見てから彼の評価を改めることにした。アルダはすごい奴だ、力だけじゃない。だからみんな彼に惹かれるんだな。

強者側の人間アルダの詳細

 

レヴォ・グレイヴル(作者ゼロ)
☆関係性:同僚、後輩、嫌い

アルダへの評価を改めるきっかけとなった人物。とても才能があるのにそれを鼻にかけ、怠けてばかり。そして才能のないやつを見下し、才能あるものには嫉妬するとても厄介な奴だ。自分は戦いの才能がそこまでなかった側の人間だったからとにかく彼と合わない(RoR世界線)

…そんな彼が最近変わってきた。妹…兄妹か。(クロロと再会する世界線)

苦手な後輩レヴォの詳細

 

レルムヴァート(作者Y.o.U.)
☆関係性:同僚、後輩、麻雀仲間

また才能も人望も持った強者。強者だからみんな惹かれる。時に敵に優しく接する、そこは気に食わないが…彼も多くの何かを失い、新たな喪失を恐れているのだとはバカなオレでもわかる。

時々麻雀するけど負ける。

麻雀仲間レルムの詳細

 

ライリー・テルテス(作者松吉)
☆関係性:同僚、後輩、どこか放っておけない

…同期のあいつにそっくりだ。元気いっぱいの猫獣人。

同期にそっくりなほっとけない猫の詳細

 

ウォーネス・メルデオス(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、後輩、嫌い、英雄機関失格

彼女らがシデンを討ったと聞いた時、仇がとれて良かったな思うのと同時に、オレの手で仇をとる事が出来なくなったという事実を突きつけられた。知りたかった…敵討ちがあることを…でも知ったところで当時のオレは力無き訓練生。連れて行ってもらえなかっただろう。仕方ないと切り替えるつもりだった。

…なのにお前は…お前らは何故チノを受け入れた?お互いに殺しあってスッキリしたから?喧嘩りょーせいばいってやつか?

ふざけんな!オレはこの手であいつらに報うことすら叶わなかった!お前ら英雄機関はVICEを滅ぼす組織だろ?英雄機関の恥さらし…

こいつに仇を取られた上に英雄機関失格な犬の詳細

 

リゼリオ・ベラフシオ(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、後輩、嫌い、英雄機関失格

本部で遭遇した時オレのバスターソードに興味を持ってきた。キラキラした目で機械仕掛けのバスターソードを見てきた。

チノを受け入れたという話を聞いてからはバスターソードを触らせていない。睨みつけて手をはらった。二度と近づくな…VICEを受けいれた英雄機関の恥さらし。

VICEと仲良くする英雄機関の恥さらしトカゲの詳細

 

RAIN(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、後輩、嫌い、英雄機関失格

リゼリオがバスターソードに近づいてきたため、彼女とも知り合う。シデンらの最期がどんな感じだったのかも彼女から聞いた。ああ…やっぱりオレもその場に行きたかったなあ。

シェルトの親友でチノを受けいれた話を聞いてからは関わっていない。VICEのせいで記憶を失ったのにVICEを受け入れるなんでお前はおかしい…二度と近寄るな、英雄機関の恥さらし。

VICEを受けいれた愚かなロボットの詳細

 

ナジア・シベール(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、先輩、元友人、失望

KRでもっと悪いやつを倒したい!そう語っていた彼女の意見にオレも賛同していた。どっちがより多くVICEを倒せるか楽しみだ!

 

嘘つき。

チノと仲良くしやがって。大嘘つき。

二度と悪を倒すと言うな!大嘘つき犬の詳細

 

フェダ・ドゥラン(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、先輩、尊敬

剣の特訓などで非常にお世話になっている教官。そして彼の家族の話に何処か親近感を感じている。しかしフェダさんの娘さんは…チノと仲良くしている…。

フェダ教官の詳細

 

マミ・シェイファー(作者window)
☆関係性:同僚、後輩、医者

本部からきた薬課の人。獣人を治療するためこちらへ応援に来たらしいが、バルツン支部内で迷子になっていた。案内しようとしたがオレも地図は読めないので2人して迷子。

迷子同盟マミの詳細

 

スパラ・トール(作者磁石)
☆関係性:同僚、先輩、苦手

不思議なツノがあるギャル魔族。あのツノなんかどこかで見たことあるようなないような?

彼女も故郷を争の派閥に滅ぼされたらしいが、ケロッとしている。チノもあっさり受け入れている…。色々思うところがあるが…全ての人と人が分かり合うことは不可能という言葉が頭の中に響いてくる…誰だ!うるさい!

過去にこだわらない…不快か…。そういえば友だちBの機人(リアではない)が「クソ!スパラのやろう!また俺に電気食らわせてショートさせやがった!ちくしょう!これで13回目だ!」とか言ってたので、バカなアカネにしては珍しく悪知恵が働く。ははーん!あえて過去の話を聞きまくって彼女を不快にさせてやろう。たまには不快な気持ちになる側になってみた方がいい。スパラ先輩の行動は悪意がない分余計タチが悪い!ということでスパラが友だちにノンデリ行動をする度に、アカネもあえてスパラに過去の話をふるようにした。(ちなみにみんなが言うノンデリの意味は知らない、なんかのデリバリー?)

ノンデリスパラ先輩の詳細

 

【テリナ支部

チノ・ソウルフ(作者ジヴァール)
☆関係性:宿敵、憎しみ、卑怯者、ギュルデン

オレの故郷を襲ったVICE。そしてオレのためにチノを探してくれた団員を殺したVICE。なのにのうのうと生きている。シェルト達と楽しそうにしている。あれだけ多くの人を殺しておいてこいつは幸せになろうとしている。

許せない許せない許さない許さない。

憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い。

お前はそう…シェルトが憎いといっていたあいつと同じ…ギュルデンだ!あれだけの罪を犯しても庇われる立場にいる。合法的に裁くことが出来ない卑怯者。そしてある意味同じ裏切り者。罪から逃げる愚か者。

もし罪を償いたいなら戦場で無惨に死ね!それかオレの前で詫びて自害しろ!あの世で償い続けろ!地獄に落ちろ!その顔を見せるな!幸せになろうと思うなよ!

…チノ達を唆したやつ?ははは!そいつに罪の責任を押し付けて逃げるつもりか?

最低で最悪の卑怯者な宿敵の詳細

 

シェルト・セレスチアル(作者ジヴァール)
☆関係性:元親友、大っ嫌い

テリナ支部に所属してから1番仲のいい親友だった。獣人のことを語りあったり、悪人は絶対殺そうと誓いあったり。

でもこいつは悪人を庇った。大嘘つき者。チノとギュルデンの何が違う?同じ卑怯者だ!あーお前の大好きなルビーとチノが同じ綺麗な獣人だから贔屓しているんだな!ははは!お前も立派な差別主義者だ!

自己中獣人贔屓者の詳細

 

サナ(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、友人

チノと仲良くしてるからこいつも絶交予定だったが

サナ「えっ?彼女裏切り者じゃない。普通に嫌いだけど。」

…女の人間関係って怖い!!表面だけじゃわかんねー!!

彼女のTRPGによく誘われる。確率…よくわからんけど、オレの欲しいダイズの目出てるかな?

サナ「だからダイスだってば!」

女の人間関係は上っ面だけではわからないサナの詳細

 

ジョージ・ロス(作者window)
☆関係性:同僚、後輩、友人

まあこいつがチノにすり寄る理由は理解できるから放置。死にたがり屋のジョージだからな。

死にたがり屋のジョージの詳細

 

イクス・イグナイト(作者Frog)
☆関係性:同僚、先輩、元友人、嫌い

自分より若いのにKRに入団して訓練生もすっ飛ばして傭兵となった男。(まあイクスは騎士として戦闘経験が既にあったからね)

当初は仲良くしていたが、チノにあの憎き拳法を習って師弟関係を結んだとのことで絶交。あの一撃で街が吹き飛んだ日のことを忘れられない。だからチノが使う拳法も大嫌い。

卑怯者の弟子になった奴の詳細

 

ジュール・ゴダード(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、客

宇宙進出を夢見るおかしな科学者。妄言ばかりだが武器の改造技術やメカニックとしての腕は確かなもの。オレのバスターソードを改造したのもこの人。

 

リーマ・オールウェイズ(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、友人

ちょくちょく、馬課の彼に輸送してもらうことがあった。何やら特定のVICEの情報を追いかけているようであり、他のVICEはあまり関心がなさそう。チノとかにも普通に接している…。

ニコちゃん「ニクイ ヤツガ コロセバ イイ。アオオオカミハ ホウチ!ワタクシタチノ エモノ ジャナイ」

それもそうか…憎いやつが殺す…殺せたらなあ。

憎む敵一筋の配達人リーマの詳細

 

ヒューゴ・クロフォード
☆関係性:恩人、先輩

故郷を失って呆然と立ち尽くした自分をKRに連れてきてくれた人。家族を失った自分にとても親切にしてくれて、支援制度を使えばまた学校に行ける、日常に戻れると教えてくれた。それを断り先輩達の仲間になることを宣言した。訓練にも勉強にも付き合ってくれていい先輩だった…。

あの日薬課に酷い傷の彼が担ぎ込まれてきた。

「…お前の言っていた…青いオオカミ達が…」

先輩は青いオオカミに殺されたのだ…。

 

チノのことを受け入れたテリナ支部の団員
☆関係性:大っ嫌い

みんなおかしい…でも力こそが、強者こそがユースティアでは認められる存在。チノやシェルトは力がある強者。オレに力がなかったばかりに…力があれば…。

オレの心が弱いからチノを責める?そんなこと言ったらシェルトも心が弱いことになる。だって当時真面目に働いてたギュルデンを憎んでいた…同じだ。あのままギュルデンが真面目に働いてたとしてもお前は許さなかっただろう?

 

【バルツン支部

バイカ(作者window)
☆関係性:同僚、先輩、友人

狼の半獣人らしい?兄貴分でとても頼りにしている。彼は書課の人だが、時々剣の試合にも付き合ってもらっている。セレシア先生の知り合いらしく、よく彼の小さな頃の話もしてもらう。

セレシア「こら!保護者ヅラ狼!人のこといちいち喋んな!」

セレシア先生の保護者の詳細

 

アイディーン・マンシスター(作者Y.o.U.)
☆関係性:同僚、先輩

なんか不思議な蝶々が周りに飛んでる人。

ディーさんの詳細

 

ミダイア・マンシスター(作者Y.o.U.)
☆関係性:同僚、先輩

アイディーンさんの夫。

ミードさんの詳細

 

クエル・ドゥラン(作者ジヴァール)
☆関係性:同僚、先輩、好意

チノと競い合っているフェダさんの娘。

 

ミモザ・オミクロン(作者うまそう)
☆関係性:上司

テリナ支部支部長には心底ガッカリした。あのチノを受けいれたから。だから逃げるようにバルツン支部に移籍届けを出した。すぐに受理して貰えてありがたかった。

 

ゼゼク(作者うまそう)
☆関係性:上司?

オミクロンさんのそばにいつもいる側近?

 

【ガルドーラ支部

グルニャ・ニャケトラ
☆関係性:同僚、同期、友人

KRの訓練場で出会った猫の獣人。共に傭兵目指して切磋琢磨していた。あいつは獣人なのに魔法が得意でガルドーラ支部に配属された。仲のいい同期だった…でも彼は休暇でマギーアに行ったまま帰ってこなかった。そしてあの動画が送られてきた…。

 

●VICE

VICEの全て
☆関係性:

全員皆殺しにしてやる。

 

【争の派閥】

シデン・ヒエラクス(作者ジヴァール)
☆関係性:宿敵、復讐心

目の前でオレの母を殺した憎きVICE。彼女たちを皆殺しにすることを誓ってオレは夢を捨てKRの傭兵になった。

しかしそれは叶わなかった…。彼女らは討たれてしまった。行き場のない怒りを別のVICEに向ける日々。

家族と故郷の仇の詳細

 

争の構成員
☆関係性:

あの襲撃に関わったやつはウォーネスらが全て殺した。でも…それでも許せない。他の争の派閥の構成員も全て皆殺しにしてやる。

 

【狂の派閥】

皓天騎士団
☆関係性:宿敵

友のマヴの仇。必ず討つ。

 

【死の派閥】

トレックを殺したやつ
☆関係性:宿敵

誰かはまだ分からない。でも絶対に仇は討つ。

 

ギュルデン・エルサレフ(作者ジヴァール)
☆関係性:敵、チノと同類のクズ

シェルトが散々こいつの悪い話をしていたので、彼が本部にいた時自分も近寄らなかった。憎いのに庇護下にいるから裁けない存在。シェルトに心底同情した…チノが入ってくるまでは。

もう一度言う。チノとギュルデンの何が違う?どちらも強者だから、力があるから庇われ裁けない罪人じゃないか。どっちも卑怯者だ!まあシェルトはギュルデンが人間で、チノが大好きな獣人だから格差をつけてるんだろ?ははは!最っ高に自己中なやつだ!

チノはギュルデンとは違う?オレの家族を奪っておいてそんなキレー事は通用しない!

 

…ギュルデン…裏切ったなあ!良かったなあ合法的に殺せるようで。でもなチノも見方を変えれば裏切り者だろ?争の仲間を裏切った!やっぱりどっちも同類のクズなんだ!生きる価値なんてない!地獄に落ちるべき存在に変わりはねえ!ははは!

チノと同類のクズの詳細

 

【災の派閥】

あのマフィアども(作者磁石)
☆関係性:宿敵

同期で仲の良かったグルニャの最期スプラッタービデオを送り付けてきたマフィア。殺す、絶対殺す。

 

【の派閥】

チノを唆したやつ
☆関係性:宿敵

こいつか全ての元凶。だからといってチノを許す訳では無い。どちらも必ず報いを受ける日が来るはずだ。絶対に許さない。

ディープの言うチノを唆した名も知れぬ奴詳細

 

●英雄機関

ナオ・オルドリン(作者window)
☆関係性:知り合い、復讐者同士

ウォーネス達の監視としてついてきた英雄機関の人。大体バルツン支部にいる。誰彼構わず好みのタイプにはアタックしてドン引き。げげっ異種族だろうが、元VICEだろうが、年上だろうが構わずグイグイ。

オレも顔が可愛いとか言われて気持ち悪っ!ってなった。

しかし彼女はVICEを情け無用で撃退している。普段はあんなにやばい奴だが、戦場では1番頼りになる。いつか第2の故郷と初恋の人を奪った特定の派閥を見つけるためらしい。そうだ奴らにじひ?などいらない。

変態復讐鬼英雄お姉さんの詳細

 

●その他

【秘密結社メラニオン】

ディープ・デスクロウ(作者ジヴァール)
☆関係性:嫌い、ある意味卑怯者

チノのことについて、彼女だけが悪い訳ではない的な話をしてきた…でそれが何?

実際にオレの故郷を滅ぼしたのはチノ達だ。争の派閥だ。そして先輩を殺したのはチノだ。

襲撃も先輩を殺した行動も誰か唆した奴がいるかもしれない。そんなことは流石にバカなオレでもわかる。そしてシデンを殺されて狂ったチノがKR団員を襲う理由も分かりたくはないがわかる…オレが復讐に狂ってるからな。そう!じっしょう済みってやつだ。

だがな…実行犯も首謀者もどちらも罪があるんだよ!その罪から逃げるために、そんな言い訳しやがって!何か別の悪者を作って…チノの犯した罪をなかった事のように…同情を誘うようなことをして…お前ら本当はVICEに肩入れしてるんじゃないか?卑怯者め!

VICEを擁護する卑怯者の詳細

 

【野球関連】

天本優晴(テンモト・ユウセイ)(作者window)
☆関係性:同じ顔、心配、複雑

自分と全く同じ顔をした野球選手。野球…故郷があんなことにならなければオレもこうなっていたかもしれない。いふの姿ってやつ?

向こうは自分のことを知らなかったので、初対面時はドッペルゲンガーだと叫ばれ失神してしまった…。テレビで見た時はあんなにかっこいいと感じたのになんか思ってたのと違う…。

その後目を覚ました彼と話した。VICEに嫁さんが誘拐されたらしく、彼はかなり落ち込んでいた。

 

天本千晴(テンモト・チハル)(作者window)
☆関係性:心配、弟子?

ユウセイの娘チハルも非常に激怒していた。母を攫ったVICEに対して。…そうだやっぱりVICEは悪者だ。滅ぼすべき敵。チハルは母を取り返し、VICEを倒すためにここで剣を学びたいと言ってきた。時々付き合うことにした。…でもどうか彼女には自分のような復讐心だけの存在にはなって欲しくない。

 

【無所属】

チノの育ての親とされる人(作者Y.o.U.)
☆関係性:憎しみ

どんなやつかも知らない、でもチノを育て上げあの恐ろしい拳法を授けた人物。最悪だ…あんなのを育てやがって。もうこいつもVICEの仲間みたいなものだろ。

 

 

『経歴』

■異暦82年(推定0歳)

ゲオメトリアの家に引き取られる。親とは血の繋がりはなく、名前だけお包みに書いてあり、突然預けられたとの事。

母はマクメメー生まれの狼犬獣人、父は普通のサラリーマンの人間。そしてケモ耳の姉がいた。血の繋がりはなかったが、大好きな家族だった。

 

■異暦87年(5歳)

父が野球好きであった影響で、この歳から本格的に野球を始める。

 

■異暦88年(6歳)

地元の学校に入学。

 

■異暦91年(9歳)

最近リーベルタースでデビューした野球選手が自分に似ているらしい…うーん似てるかな?気のせいじゃない?

 

■異暦95年(13歳)

都会のスポーツの強い学校に入学し親元を離れて生活していた。学校の休暇で故郷の街に帰宅、姉と家まで談笑しながら歩いていたところ…

 

街が争の派閥に襲撃される。(上層派閥の命令によって)

 

街の自警団はあっさり倒され、街の人達も争の構成員たちの手により次々と惨殺。鳥人が火矢を放ち町は火に包まれ、青い狼の一撃で衝撃が走り建物は全て倒壊。

姉弟は急いで家に向かった。しかしそこには父の死体…そして母に手をかける寸前のシデンがいた。元はマクメメー育ちの戦士だった母は勇敢に立ち向かうも、敗北したのだ。

「哀れだ…実に哀れだ!弱者は虐げられ!強者が全てを踏みにじる!!それが"ユースティアここ"だ!!そういう運命なのだ!」

シデンの言葉は脳裏に焼き付いた。

「…あなた達だけでも逃げなさい」

それが最期の母の言葉だった。

2人は逃げるも倒壊する建物に巻き込まれてしまう。

 

しばらくしてアカネは目を覚ました。何とか瓦礫の隙間から脱出し、街を見渡した。しかしそこはもはや街ではなかった。

 

姉は…?そうだ姉と一緒に逃げたはず…。姉さんはどこ?

瓦礫の中に姉はいた。姉は瓦礫に押しつぶされて既に息絶えていた。

 

呆然とする中、英雄機関やKRの団員が駆けつけ、アカネはKRテリナ支部で一時的に保護される事に。

 

傷は癒え、学校に戻るかどうか打診された。あの学校には多くの支援が揃っているから、親を失った茜も復学することは可能だった。

……。

アカネは誓った。ぜったい復讐してやると。あいつら顔が忘れられない、あの母と父を殺した鳥も、街を壊し姉を手にかけたも同然の青いオオカミも、故郷の人々を襲った構成員達も。呑気に野球なんてやってられない、ここで傭兵になって皆殺しにしてやる。

学校を中退し、KRの訓練生となった。

そこでテリナ支部の面々と仲良くなり、特にシェルトとは獣人好きなこともあり意気投合。親友とも呼べる存在だった。そして彼がギュルデンという本部の医者に恨みを抱えているのを知る。ルビーの話を聞いてものすごく同情した。

 

■異暦96年(14歳)

仇が討たれたことを知る。ウォーネスを筆頭とした英雄機関とKR団員がシデン達一味を撃退したのだ…。

自分はまだ訓練生だから現場に行けなかったそもそも敵討ち計画すら知らなかった。

自分の手で仇を討つことが出来なかった。

でもこれで家族の無念は晴れるはず。シデン達に恨みを持つものが討ったのならば…モヤモヤするもなんとか気持ちを切り替える。

 

本部を歩いていると、槍課なのに薬課に混ざってカウンセラーをしているセレシアと目が合い、強制医務室連行され彼とお話をするようになる。

 

…あの時の仇のひとりがまだ生きていたことを知る。

自分の面倒をよく見てくれていた、先輩の団員ヒューゴが謎の青いオオカミに襲撃されたのだ。薬課に運ばれてくるも、その情報を残して彼は死んだ。

 

■異暦97年(15歳)

この年正式にKR団員となる。テリナ支部に配属され、VICEと交戦する日々。とても充実していた。あとは残る1人の仇を討つだけ。

しかし全てを揺るがす大事件が起きる。

 

チノがKR入団したのだ。…チノ・ソウルフ、青いオオカミ、『蒼狼』、争の幹部、オレの故郷を襲った、先輩を殺したVICE…!!

そしてどうしてそんなやつがKRに?そいつはオレの故郷を…大切な人を…

銃声が響いた。シェルトが空に向かって銃を撃ち反対する団員を黙らせたのだ。力を使って黙らせたのだ。

…親友だと思ってたのに、悪人殺しだって言ってたのに、悪人を庇うのかお前は、チノがお前の好きな獣人だからか?

 

「チノはもう仲間は殺さねぇよ、もし殺したら一緒に死んでやる」

シェルト…絶交だ。今までのことは水に流して仲良くなんて、加害者側がいう言葉じゃねえんだよ!2度悪人殺しを名乗るな!…やっぱりこの世界は強者がものをいう世界なのだ。

 

そのままシェルト達と喧嘩し減給処分をくらう。バルツン支部に移籍願いを出し、住み慣れたゲオメトリア界陸、テリナ支部を離れる。チノとシェルトが仲良くする顔を見る度に憎くなる。チノのことを受け入れるテリナ支部の団員にも腹が立つ。大っ嫌い。

 

■異暦99年(17歳)

友達で同期のマヴが死ぬ。彼の所属していたE5がVICEの手により壊滅させられたのだ。

またVICE…狂の派閥…皓天騎士団…。絶対許さない。やはりVICEは生かしておけない。

 

■異暦100年(18歳)

友達で同期のトレックが死ぬ。孤立状態でVICEと戦い行方不明…生存は絶望的。

…VICEはオレから全てを奪っていく。

 

■異暦102年(20歳)

テリナ支部にあの自分と同じ顔をした野球選手がやってきたとのこと。本部に来たので様子を見に行くと…子どもの頃はそこまで感じなかったが…やっぱり自分とそっくりだ…ドッペルゲンガー??

 

現在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■異暦103年(21歳)

いいなあシェルト。お前は憎い相手の死を拝むことができて。良かったなあギュルデンを倒せて!合法的に殺せて!羨ましいなあ!なあ!あはははは!

 

 

 

■異暦10X年(歳)

…。

セレシア先生。貴方がいないとオレはもう…

 

 

 

 

 

余談

【ウルワン家】

アカネの父が仕事でマギーア界陸に向かった時、ついでに観光でマクメメー王国に寄る。そこで狼犬獣人の女戦士ウルフド・ウルワンと出会い彼女に一目惚れ。彼女も彼に一目惚れ。彼女の両親に頭を下げ、結婚を許してもらう。ゲオメトリアの家に連れて帰っても彼女のファミリーネームを名乗るほどの愛妻家。父はマクメメー式のなんだか可愛いファミリーネームを気に入っている。

アカネもおくるみについていたファミリーネームよりも、こちらのウルワン姓を名乗っている。

 

【方向音痴】

バルツン支部にやってきた本部の薬課マミを案内しようとして2人でさ迷っていました。

 

【VICEを全て滅ぼした暁には】

彼も死ぬでしょう。VICEや悪人といえど多くの命を奪っておいて幸せになろうとは考えていません。そんな卑怯者にはなりたくない。

 

【チノとアカネ】

どれだけチノに償う気持ちがあろうが、チノを唆した悪者が出てこようがアカネがチノを許すことはありません。仇を討つことが叶わなかった、家族や大事な人を奪われた怒りは全てチノやチノを庇う者たちへ向きます。

 

…そうなるように彼も仕組まれた存在だから。世界に絶望するように。

 

世界がおかしいのか、はたまた自分がおかしいのか。

いや世界もおかしい…自分もおかしい。

 

【先輩ヒューゴの残した遺言】

青いオオカミ

つまりそう言うことです。ヒューゴにトドメを刺したのは。アカネはその時青いオオカミという言葉にしか気を取られていませんが。

 

【Akashic Records Fragment】

彼の正体。

 

 

 

バッドエンド「茜…いやフラグメントの1人よ…これで理解しただろう?この世界に絶望しただろう?憎いだろう?人と人は分かり合えないのだ。」

ワックス・ハニィ・パペトルチェット【VICE】(ユースティアver)

『基本情報』

■名前 ワックス・ハニィ・パペトルチェット

■二つ名 色欲人形/蜜蝋

■出身 ヴィスクの秘密基地♡

■所属 VICE:怨の派閥 七怨罪

■総評 A

『生体情報』

■種族 蝋人形(ワックスドール)

■性別 無性(見た目は女、中身は少年)

■年齢 無

■生年月日8月21日

■身長 可変可能

■体重 可変可能

■利き手 両利き

 

保有能力』

■能力名

【Sweet Sweet Wax】

☆種別 ウルティマ

☆射程 100mくらい

☆総評 A+

とても甘くて蜂蜜のような匂いがする蝋を生み出し、操る能力。蝋の硬さは自由自在であり、瞬時に硬化させることが可能で、固まった蝋は鋼鉄に匹敵する硬度を発揮する。滑らかな状態の蝋もまとわりついてくるので厄介。蝋を自在に操り、精密な形を作り出すことも可能。

しかし熱や炎には弱いため、それらの能力者を相手する時は液状となった蝋で立ち向かうしかない。(しかも液状化した蝋はすぐ溶けてしまう)

上手く蜜蝋の調整を行えば、ハンドクリームやリップクリームといった化粧品や医療品も生み出すことができる。

 

武装詳細

【魔法のハニィディッパー】

☆種別 杖/ハニーディッパー

☆長さ60cm

☆重量

☆材質 魔木

☆練度 A

杖のように扱える代物であり、魔法や魔力を通しやすい魔法の木から出来ているハニーディッパー。

 

 

■戦闘スタイル

蜜蝋を操り、蝋人形を作ったりする。敵を蝋で絡め取り、蝋人形にしてしまうこともある。作り出した蝋人形や捕まえて蝋人形にしたものは、自在に操ることが可能。蝋による捕縛や防御を得意とした戦法をとる。

 

■形態

【あ】

☆総評

 

『性格』

■人柄

『自分のことを人間だと思ってる人形』

怨の派閥の幹部『色欲人形』の異名を持つ可愛らしい見た目をしたワックスドール。

ちなみに可愛らしい見た目だが性自認は男。普段は女の子の人形として可愛い見た目を思う存分利用している。

蝋人形は最も人間に近い見た目をした人形であり、彼の体は蝋だが髪の毛は本物の毛髪を利用して作られている。そのため彼も自分のことをどこか人間のように思い込んでいる。だから自分がいつかおもちゃで遊ぶ側の人間になりたいと考えている。

普段は色欲人形らしく可愛子ぶってるが、実は特撮ヒーローなどのかっこいいものが好きであり、可愛い自室の引き出しの中に数多くのグッズを隠している。そしである日その趣味を通して人間の子どもと親交ができるのだが…

 

■趣味・嗜好

 

□特技 蝋細工、お菓子作り、化粧

 

□趣味 お人形遊び、可愛いもの集め、甘い匂い、特撮グッズ集め、戦いごっこ

 

□好 縫子様、可愛いもの、蜂、蜂蜜、蝋人形、お化粧、自分、人間、特撮、ヒーロー、かっこいいもの

 

□嫌 熱、炎、直射日光(紫外線)

 

■話し方

□自分 『ボク』

 相手 『キミ』 『○○君』『○○ちゃん』『○○お兄さん』『○○お姉さん』

 複数 『キミら』

「ボクのことはハニィって呼んで欲しいな」「えへへ!ボク可愛いでしょ」

基本は可愛こぶった話し方。あの見た目なのでボクっ娘のように見えるが、彼の性自認を考えると普通の少年口調である。まあ身体が女の子の人形なのでもちろん声も可愛い。

 

■交友関係

●VICE

【怨の派閥】

ヴィクス・ペトゥラ・パペトルチェット(作者泡沫)
☆関係性:主、大好き(不満もあるが)

縫子様orペトゥラ様呼びをしている。ボクたちの王様!ハニィは縫子様の忠実な人形だよ!なんでも言うこと聞くもん!(だからハニィにチョーカーはついてない)

大好きだけどいつも弄ばれてばっかり…。あーあボクも縫子様みたいに遊ぶ側にいつかなりたいな。(なお虐待のような扱いには不満をもっていない、とても激しい戦いごっこの1種だと思っている)

縫子様の詳細

 

  • ウッドゥンドール(作者泡沫)

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

  • ペパーマッシュドール(作者Y.o.U.)

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

  • クロースドール(作者)

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

  • プラスチックドール(作者)

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

  • チャイナドール(作者松吉)

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

☆関係性:幹部仲間、同僚

 

 

【死の派閥】

  • フラッシュアングラー達(作者kaito)

☆関係性:すごい!

ある戦いで彼らを見かける。すごい!本物の特撮に出てくる敵みたいだ!爆発もした!

 

シュレイトと使徒(作者ジヴァール)
☆関係性:お友だち

チンピラを下記のアホ三人衆と白いヒーローのお兄さんと、共に撃退したのをみてかっこいいと思って話しかけた。シュレちゃんのマントかっこいいね!ヒーローみたい!(なお自分もVICEだとは伝えていない)

シュレちゃん達の詳細

 

 

【魔の派閥】

アホ三人衆(作者window)
☆関係性:お友だち

チンピラを上記のシュレイト&死徒と下記の白いヒーローのお兄さんと、共に撃退したのをみてかっこいいと思って話しかけた。あいた!噛まないでよもう!ボクの身体は甘くて美味しいから食べたくなるのはわかるけどさあ。(なお自分もVICEだとは伝えていない)

シャー子ちゃんの詳細

ポン子ちゃんの詳細

ポン吉君の詳細

 

 

 

●KR

【KR本部】

  • レファーナ・ナルヴィア(作者泡沫)

☆関係性:

 

レフト・オウガ(作者window)
☆関係性:お友だち

ある時彼が子どもたちに変形するおもちゃを作っているのを見て話しかけた。そこから趣味の話でお友だちに!すごいなあレフト君あの作品のベルト変形を改造して再現しちゃうなんて!ボクも欲しい!

(なお彼がKRの鎚課なのは知らないし、自分がVICEだとは伝えてない。)

レフト君の詳細

 

 

●英雄機関

シラハ・ケンイチ(作者window)
☆関係性:憧れ、お友だち

チンピラを上記のシュレイト&死徒とアホ三人衆と共に撃退したのをみてかっこいいと思って話しかけた。ケンイチお兄さんすごい!見た目もやってることも本物のヒーローだ!特撮で見たままだ!すごいすごい!(自分がVICEだとは伝えていない)

ホンモノの白いヒーローさんの詳細

 

 

●その他

【無所属】

趣味で出会った子どもたち
☆関係性:お友だち

レフト君と特撮の話をしていた子どもたち。みんなおもちゃやグッズを持ってきていて自慢していた。ボクのグッズは部屋に隠してあるから持ってきてないや…だから蝋でヒーローの人形を作ったらみんなびっくりしちゃった。やっぱり売ってるやつじゃないとダメかな?

子どもA「ハニィ君すごい!」

子どもB「お店で売ってるのよりもすごい!」

子どもC「ものすごいクオリティですね!ハニィ君造形師とかに興味ありませんか?」

ぞ…ぞうけいし?

子どもC「造形師や原型師はこのようなフィギュアを作る仕事をする人ですよ!」

そっかあ…造形師…ボクそれになりたいなあ!いつかなれるかなあ…?

 

 

『経歴』まだ未確定

■異暦

 

■異暦101年

ある町でレフトが子どもたちと特撮の話をしていて、彼が改造した変形ベルトを見せていた。ハニィもそれが気になり話しかけ、レフトや子ども達とお友だちになる。

 

■異暦102年

チンピラを撃退するアホ三人衆とシュレイト&死徒と白くてかっこいいヒーローをみかける。その後話しかけてお友だちになる。

 

現在。

 

 

余談

【特技お菓子作り】

ハニィは蝋人形だから何かを食べる必要はない。しかし蜂蜜や蜜蝋を使ったお菓子作りが得意である。

 

【種族蝋人形】

えっ…どういうこと?何族何種なの?

お答えします、ハニィはヴィクスらによって作り出された自我を持つ奇跡の蝋人形です。すごいね。霊種かもしれないし、魔法かもしれない不思議な蝋人形です。

 

【ハニィの夢と彼の末路】

ハニィの夢は人間のようにおもちゃで遊ぶ側の存在になることだった。子どもたちと出会い、共に好きなもので遊び、好きなものの話をし、好きなものを共有することができた。

だから新たな夢ができた。造形師になってみんなを喜ばせるおもちゃを作りたい、そう思ったのだ。

そして自分の見てきた特撮にでてくるような憧れのヒーローとも出会った…。ボクがこれまでVICEでしてきたことは、いけないことだったんだ…と徐々に理解していくハニィ。

しかし彼はただの蝋人形。そしてVICE:怨の派閥の幹部。どう足掻こうがその運命は決まっている。